1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

pepekiさん

血糖値が高いと糖尿病になる恐れがある

2型糖尿病の場合、ある日突然、血糖値が高くなるのではありません。多くの場合、ゆっくり、何年もかかって血糖値が高くなり、糖尿病に至ります。まだ糖尿病と診断されるほど血糖値が高くないけれども、正常よりは高くなってきた状態を「糖尿病の境界型」や、「糖尿病予備群」と呼びます。

2型糖尿病は生活習慣による影響が大きい

いわゆる生活習慣病とされるのは、2型糖尿病です。2型糖尿病の原因ははっきりせず、遺伝体質、食生活の乱れや運動不足、肥満、ストレスなど、さまざまな要因が重なって発症します。
それだけに予防や改善のためには、生活全般を見直し、リスクをできるだけ減らすなど、自分自身でできることもたくさんあります。

高血糖になりやすい人の生活の特徴

・ストレスがたまりやすい
・早食い
・疲れやすい
・缶コーヒーやジュースをよく飲む
・毎晩、晩酌をする
・魚よりも肉が好き
・野菜不足
・お菓子をよく食べる
・最近、もしくは昔太っている
・体をあまり動かさない

糖尿病の恐ろしさ

糖尿病の怖さは合併症にある…といわれます。病院で糖尿病だと診断されても、初期には自覚症状はあまりありません。ところが放置している と、数年から10年程度で非常に恐ろしいさまざまな病気を引き起こします。その代表が、3大合併症です。
糖尿病の若年化につれ、合併症の発症も早まりつつあります。もし糖尿病と診断されたら、自覚症状がなくても油断せずに、しっかり血糖値のコントロールを心がけましょう。

日本人の6人の1人が糖尿病、もしくは予備軍

今日11月14日は「世界糖尿病デー」。日本の糖尿病の有病者は約1000万人、予備群は約1000万人、合わせて約2000万人の「国民病」ともいうべき状況になっている。

血糖値が高い人の特徴

・喉が乾きやすい
・トイレの回数が増える
・足がつりやすい
・ムクミやすい
・皮膚が乾燥してかゆい
・最近太ってきた
・目がかすむことがある
・手足にしびれを感じる

糖尿病で痩せ始めたら末期?

「糖尿病になってから痩せはじめると、糖尿病の末期」とか「余命がわずか」といったことも聞きます。実際はどうなのでしょうか?また、どういう状態が糖尿病の末期と呼ばれているのでしょうか?

インスリンは身体中の細胞に、食べ物からつくられたブドウ糖を供給しています。そうして人は太っていくのですが、インスリンが正常に作用していない場合、細胞にエネルギー源であるブドウ糖が供給されません。エネルギーが供給されないとなると、もともとある脂肪や筋肉をエネルギーとして使うようになります。インスリンに異常がある人は、こうして痩せはじめるのです。

そして痩せはじめると筋肉量も減ってゆき、ブドウ糖をあまり蓄えられなくなり、インスリン抵抗性も増していきます。痩せはじめるとどんどん痩せていくのには、こういった理由があるからなのです。もちろん、個人差はありますし、もともと体重が多い人なら痩せるのはむしろ良いことです。ですが、標準体重よりも痩せてしまうなら注意が必要です。

薬の影響で痩せる場合もありますので、痩せはじめたら末期とは言えません。ですが、食べる量は普通にもかかわらず、どんどん痩せていくという人は、重度の可能性があります。合併症を発症していたり、透析治療が必要になっている人は、末期に近いと言えます。

健康診断の検査結果で見るべき箇所

「糖代謝検査の項目」HbA1cは自分が予備軍かどうかもわかる
 ・尿糖・・・尿にどれぐらいの糖が出ているかわかる。食事前に陰性でも食後が陽性だと要注意
 ・血糖・・・早朝、空腹時の血糖値のこと。110〜125mg/dlは「境界型」、126mg/dl以上は「糖尿病型」
 ・HbA1c・・・赤血球の様子から60日前からの血糖値がわかる。



「肝機能検査」脂肪肝になるとインスリンの効き目が悪くなる。
 ・y-GTP・・・タンパク質の分解・合成に関わる酵素。お酒の飲み過ぎで上昇する数値。
 ・総ビルビリン・・・古くなった赤血球が壊される時に生成される黄色の色素。肝機能が低位かし、胆汁の流れが悪くなることで血液中に漏れ出し、数値が上がり黄疸ができる。
 ・ALT、AST・・・体内でアミノ酸代謝やエネルギー代謝に関わる酵素。肝細胞の破壊によって血中に流れ出す。

HbA1c

6.5%以上は「糖尿病型」、5.6から6.4%は「境界型」の可能性が高い。
境界型に該当する人が特に食事制限をしている訳でもないのに痩せてきた場合は糖尿病発症の可能性が高い。

骨と筋肉の糖尿病との関係

・骨に含まれるタンパク質オステオカルシンはインスリン分泌を促進する働きがある。
・筋肉は糖分の貯蔵庫のため筋肉が減ると余分な糖分が血中に残り、血糖値が上昇する。

血糖値が高いことのリスク

・血栓ができやすくなる
・酸素運搬障害を起こす
・目の網膜がおかされる
・心臓に負担がかかる
・腎臓が悪くなる
・神経障害を引き起こす

1