・骨に含まれるタンパク質オステオカルシンはインスリン分泌を促進する働きがある。
・筋肉は糖分の貯蔵庫のため筋肉が減ると余分な糖分が血中に残り、血糖値が上昇する。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る