1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

大ヒット『ジョーカー』に続くか!?2020年の「アメコミ映画」も楽しみ

『ジョーカー』など2019年も大ヒット作多数だった「アメコミ映画」。来年も期待作が多数。『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey』、『ブラック・ウィドウ』、『ワンダーウーマン 1984』、『キングスマン ファースト・エージェント』ほか。

更新日: 2020年01月17日

5 お気に入り 15695 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey』(3月20日公開)

マーゴット・ロビーがDCコミックスの人気キャラクターを演じる「バーズ・オブ・プレイ(原題)」が、「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey」の邦題で、2020年3月20日に公開される。

ハーレイ・クインは、元々は犯罪者たちを治療する精神科医として働いていたが、バットマンの宿敵ジョーカーと恋に落ち、彼のために身を捧げるという愛に狂わされたキャラクター。

クセ者だらけのチームを結成したハーレイが、裏世界を牛耳るブラックマスクと戦いを繰り広げるさまを描いたアクション。

映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』の予告、ジョーカーと別れて、新しい人生を歩み始める彼女が、仲間と自由を求め覚醒していくんだけど、「世界の悪党が恐れるのは、あんたやジョーカーじゃない、このハーレイ・クイン様よ!」っていうセリフ、カッコいいんだが…!! #ハーレイクイン覚醒

劇場で予告を見たけど超可愛かった。これは見ねば、だけど、ジョーカーと別れちゃったの?悲しい。 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』は日常的な女性差別を描く「フェミニスト映画」 ─ 悪役ユアン・マクレガー、脚本の魅力を語る theriver.jp/bop-feminist-f… @the_river_jpから

◆『ブラック・ウィドウ』(5月1日公開)

『アベンジャーズ』シリーズの人気キャラクター、ブラック・ウィドウが主人公の物語。

過酷な訓練によって育てられたスパイにして超一流の暗殺者であるブラック・ウィドウ。「初の単独映画となる本作では、ブラック・ウィドウの過去と秘密を描く。

『アベンジャーズ』シリーズなどでブラック・ウィドウを演じてきたスカーレット・ヨハンソンが続投し、『女王陛下のお気に入り』などのレイチェル・ワイズらが共演。

ブラック・ウィドウの予告もやってて、来年のGWですね!!!承知しました!!!観ます!!!て気持ち

「ブラック・ウィドウ」予告、ついに解禁! シビルウォーとIWの間の物語でナターシャが自身の過去と対峙する。キャプテン・アメリカWS的なリアル寄りのスパイアクションって感じで面白そう。 pic.twitter.com/O7arxDEMjz

◆『ワンダーウーマン 1984』(6月公開)

ガル・ガドットがDCコミックスの人気美女戦士を演じた『ワンダーウーマン』の続編。

物語の舞台となるのは“欲望が溢れる狂乱の時代”1984年。最愛の恋人スティーブを失い、ダイアナは悲しみや孤独と向き合っていた。だが、そんなある日、彼女の前に死んだはずのスティーブが現れる。

前作に続き、パティ・ジェンキンス監督がメガホンをとり、最愛の恋人スティーブ役のクリス・パインのほか、クリステン・ウィグ、ロビン・ライト、ペドロ・パスカルらが共演している。

やべーーー!!!!! 音楽が俺の大好きな80年代のシンセテクノ感全開で!!! もう既に最高!!!! 映画『ワンダーウーマン 1984』US版予告 2020年6月公開 youtu.be/RtfteY0Z25A @YouTubeさんから

@toro0000mm ワンダーウーマン1984の予告が公開されましたね~!!正直クリス・パインはもう出てこないのか…としょげていた自分を跳ね飛ばすサプライズでした(笑) まず、スティーブがあの後どう生き延びたのか説明してもらいましょう!(笑) Merry Christmas!&来年もよろしくお願いします(^^)

◆『キングスマン ファースト・エージェント』(9月公開)

表向きは高級紳士服テーラー、裏の顔は世界最強のスパイ組織である人気シリーズ最新作。

1 2