1. まとめトップ

受験生&就活生に告ぐ!緊張を解く方法まとめ

受験生&就活生に告ぐ!緊張を解く方法まとめ

更新日: 2019年12月22日

2 お気に入り 330 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

就活生&受験生に告ぐ!緊張を解く方法まとめ

danapysicalさん

深呼吸

深呼吸 &、ストレーーッチ! 深呼吸の際のポイントは ・下腹部を膨らませるように ・限りなく力を抜いて ・早く吸い込んだり急いではきすぎない です。でないと副交感神経が優位になってくれません。ゆったりと行いましょう。

【深呼吸の効果】 ・息を吸う 交感神経が働き覚醒を促す。 ・息を吐く 副交感神経が働きリラックスを促す。 【緊張したり寝れない時は】 長く吐き、短く吸う。 【寝起きとかやる気が出ない時は】 長く吸い、一気に吐く。 吸う時は鼻、吐く時は口がオススメです。 案外やるの忘れがちですよね。

【478呼吸法】 《方法》 ①4秒間鼻から息を吸い込む。 ②7秒間息を止める。 ③8秒かけてゆっくり口から息を吐ききる。 これを4セット繰り返す。 別名「マインドフルネス呼吸法」とも呼ばれ、簡単に出来る瞑想呼吸法です。 副交感神経を優位にし、リラックスさせ、睡眠の質を高めます。

タッピング

顔を優しくタッピングすると副交感神経が優位になってよく寝れるらしい。怒りやすい人にも良いらしい

30秒~1分ほど触れるか触れないかのタッチで頭~顔をタッピングして副交感神経を優位にする

【自律神経を整えるエクササイズ】 ・深呼吸をする(副交感神経の働きを高める) ・顔や頭を30秒タッピングする(セロトニン活性化) ・首回し(左右)5セット(血行を良くする) ・耳つぼマッサージ(耳全体を揉むだけでもOK)

笑顔と笑い

『楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しいのだ』 【笑顔の効果】 ストレス発散 血流アップ 脳の活性化 副交感神経を優位 幸福感アップ 免疫力アップ 好感度アップ アンチエイジング 作り笑いでも効果あります 口角を左右均等に上げて、目も笑うのがポイント 先に笑ってみましょー! pic.twitter.com/0sYLlJbQUO

よく笑う人は、よく眠れます。 「笑い」も「睡眠」も副交感神経の働きが関わっているからです。 また「人を喜ばせて自分も楽しむこと」は、ストレスがやわらぎ、気持ちが前向きになります。 「笑顔」がポイントです。 毎日一度は鏡の前で、口角を上げて笑顔を作ってみましょう。

瞑想

深呼吸と瞑想の違い。 深呼吸…副交感神経を優位にする 瞑想…今に目を向ける。呼吸は深くする必要なし これが大まかな違いです。 どちらもリラックスできて簡単なので試してみてね

快眠bgm聴きながら瞑想して副交感神経を高めることにします

ウォーキング

ウォーキングのよい点は、「呼吸を意識する時間がたくさんある」ということです。呼吸で大事なのは、自律神経の中でも、副交感神経を上げるということ。

【眠りに必要な副交感神経を活発にするには?】 ・軽い運動を毎日心がける。 階段の昇り降り、少しだけのウォーキングでも大丈夫です。 軽い疲労を感じることで、眠りにつく時間に リラックスする効果を感じることができます。

1 2 3