1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

『おっさんずラブ』も…「続きはHuluで」商法が広まりそうな件

日本テレビドラマ放送後の有料配信サイトとの連携手法「続きはHuluで」。一部で批判はあるものの、毎クール繰り返され、今や定着した感。そんな中、他局にも同じ手法が広がりそうな動きも。

更新日: 2020年01月17日

9 お気に入り 69909 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆最終回放送後に有料配信サイトに誘導し炎上した『愛ある』

『愛してたって、秘密はある。』
「父親を殺した」という誰にも言えない大きな秘密を抱えた青年が、正体不明の人物に追い詰められていくミステリー。

『愛してたって、秘密はある。』は、最終回直後に『本当の完結編』として、有料動画サイト「Hulu」に誘導し、大炎上。

「愛ある」を見ようとした視聴者が殺到したのか、番組終了後しばらくHuluがアクセス不能になるほど。ドラマがネット配信へ誘導するという新たな試み。

◆その後、日テレの「続きはHuluで」商法は定着

2018年にも、「トドメの接吻(キス)」では「トドメのパラレル」、「崖っぷちホテル!」では「崖っぷちホテル!~本日のお客様は、宇海直哉様~」、「ゼロ 一獲千金ゲーム」では「ゼロ エピソードZERO」、「今日から俺は!!」では「今日から俺は!! 未公開シーン復活版」というHuluオリジナルコンテンツを配信しました。

『あなたの番です』でも、黒島の過去編をHuluで配信したが、『視聴者ないがしろにするのもいい加減にして』『半年掛けてHuluの宣伝かよ』という呆れ声が多く聞かれました。

2019年4月~9月

やはり「続きはHuluで」だった…。12月15日に最終回を迎えたドラマ「ニッポンノワール -刑事Yの反乱-」(日本テレビ系)のラストシーンに、視聴者からの怒りが噴出。

2019年10月期

◆背景には子会社であるHuluと連携したビジネスがある

月額933円(税別)で見放題のHulu。もともとはアメリカ発の動画配信サービスで、日本では2011年にスタートした。14年に日本向けのサービスを日本テレビグループが譲り受けて、子会社化。

日本テレビだけでなくテレビ業界全体が、広告収入への不安を抱え、それ以外でどう収益化するかが共通の課題となっていました。ほとんどのテレビ局が「どうマネタイズしていくか?」を真剣に考えています。

Hulu日本版が日本テレビグループの傘下に入ったときから「日本テレビとHuluの連携ありきのビジネス」であり、戦略を変えづらいところはあるのでしょう。

◆一方で、こうした手法には批判だけでなく放送前から警戒感も

『ニッポンノワール -刑事Yの反乱-』(2019)

数カ月間、無料でドラマに熱中させた揚げ句、最終話の終了直後に「この続きは(有料の)Huluで」という後出しじゃんけんの形になった「ボイス」「あなたの番です」「3年A組」への批判がヒートアップしたのは必然であり、確信犯と言っても過言ではないでしょう。

放送前の段階から「また最終話の直後に『続きはHuluで』にされるのではないか」という疑念を持たれているのです。

◆そんな中、テレ朝『おっさんずラブ』も同様の手法で放送決定

12月21日の最終回で衝撃の結末を迎え、恋のバトルを終えた「おっさんずラブ-in the sky-」。オリジナルドラマ(~ゆく年くる年SP~前後編)を、12月23日(月)、24日(火)に「AbemaTV」と「ビデオパス」で配信することが決定した。

前後編のオリジナルドラマでは千葉雄大演じる成瀬竜と戸次重幸扮する四宮要にスポットが当てられ、彼らの“その後”が描かれる。

田中圭演じる春田創一、吉田鋼太郎扮する黒澤武蔵のほか、鈴鹿央士、佐津川愛美、MEGUMIらも出演する。

◆TBSも『左ききのエレン』で配信サイトでスピンオフドラマ

放送中のドラマ「左ききのエレン」。TBSでの放送が最終回を迎える12月24日(火)深夜、動画配信サービス「U-NEXT」で、吉村界人演じる流川のスピンオフ特別エピソード「がんばったで賞なんてないんだから」が配信されることが決定した。

「がんばったで賞なんてないんだから」は、原作マンガの第1回人気キャラクター投票1位に輝いた流川が主役の番外編「広告営業の奔走」をもとにしたスピンオフ。

光一が入社する数年前、目黒広告社の広告営業部に配属された新入社員・流川はコピーライターになる夢を叶えるべく一念発起する。

1 2