1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

「水の未来~世界の川が干上がるとき」という本からまとめました。信ぴょう性は高いです。

kokuhatu7さん

ダムが無駄とはいわない 今の日本はそれしかないかも

しかし上の本を読むと分かるが、ダムにはいろんなマイナスポイントが多い

人が整備した川は、氾濫をする

川の氾濫防止には、実はダムはあまり効果がない。
ダムはすぐ砂で浅くなり、金がかかり、環境の負荷が大きく、
村が消えることがある。
人が川の流域を整備して、蛇行したものをまっすぐに、急いで海まで流れるようにしたところは、
必ず氾濫する。
なぜなら堤防を高くしても、急な増水の時には3倍近くになり、必ず決壊する

何が間違いなのか
本当は、自然の河川には、蛇行してその間に「氾濫域」という
湿地のような草や虫が暮らすあいまいな地域が広がる。
そこが、自然のつくった制御の装置、緩衝地帯なのである。
それを人が無くすと、自然は反乱を起こす。

ダムは費用対効果は低い

日本でも大河川を思い出すと、河原、湿地帯が保全されているところはある

改修が不可能なところは、取りあえず対策を取り、暫時改修してゆく

1