1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●ダンス&ボーカルグループ・E-girls

2011年12月にシングル「Celebration!」でデビュー。

2012年10月にリリースした3rd Single「Follow Me」は、E-girlsの代表的な楽曲のひとつで、現在までにYouTube再生回数が5,600万回を超える。

4枚目のシングル「THE NEVER ENDING STORY」が、フジテレビ系月9ドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」の主題歌に抜擢。

・2017年から「E.G. EVOLUTION」というテーマの元、新体制を発表

2013年の1stアルバム『Lesson 1』から2017年の『E.G. CRAZY』までアルバム4枚がすべて1位となるほかライヴツアーも盛況

同年6月より、新たな輝き・進化を求め「E.G. EVOLUTION」というテーマの元、新体制を発表。

新たに11人体制になったE-girlsが、7月に「Love ☆ Queen」、12月に「北風と太陽」、2018年1月にE-girlsとして初となるバラードシングル「あいしてると言ってよかった」をそれぞれリリース。

●そのE-girlsが来年いっぱいで解散することを発表

【電撃発表】E-girls、来年いっぱいで解散 9年間の活動に終止符 news.livedoor.com/article/detail… 春頃からメンバーで話し合っていたといい「それぞれの道で頑張っていくという決断をした」と伝えた。 pic.twitter.com/7OLCmYxftm

22日、神奈川・トレッサ横浜で行われた2020年第1弾シングル「別世界」リリースイベント内で電撃発表され、会場に訪れたファンから悲鳴が上がった。

来年2月からスタートする全国アリーナツアー(7月まで13公演)が“ラストツアー”となる。

・リーダー佐藤晴美さんは「それぞれの道に進んでいくという決断をさせていただきました」と報告

「2020年を持ちまして、それぞれの道に進んでいくという決断をさせていただきました」と報告。

・「いただいた愛をしっかり返して行ける1年にできれば」などと語った

続けて「みなさんとの思い出だったり、景色を思い返すと、踏み切れない部分もあったんですけど、

輝いていけるステージに行けるために決断。それぞれ、次のステージでやっていったり、応援しあって、みなさんにもっともっと応援しただけるように、頑張っていきたい」と意気込んだ。

「2020年いっぱいはまだまだ活動も続きます。この1年でE-girlsを全うして、いただいた愛をしっかり返して行ける1年にできればと思います」と笑顔で語った。

そのほかのメンバーたちも、時折言葉を詰まらせつつそれぞれの思いをファンに明かしていた。

●ネットでは、この発表に驚きの声が上がっている

1 2