1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

surfinboaさん

日本のブラック派遣会社のピンハネ率は57%! しかも、70歳以上の働く高齢者から、57%も搾取しても、政治屋は見て見ぬフリ! 日本のサラ金の金利よりも悪質な派遣会社のピンハネ! twitter.com/affluencekana/…

@I_hate_camp @ShinyaMatsuura 欧米では派遣業のピンハネ率に上限が設けられています。 日本では規制が緩く搾取し放題。 これがすべての元凶ですね。 サラ金が金利に厳しい上限を設けて健全化した様に、派遣業のピンハネ率にも厳しい上限を設けるべきなんです。

搾取で維持する産業構造。先導役がパソナ『日本の人材派遣会社数は2位アメリカの5倍という狂った現状』rui.jp/ruinet.html?i=… … … pic.twitter.com/mbvJwqHKuU

やや古いデータだが,国際的に比較してみて日本の派遣事業者数やっぱり異常だろ。 参入障壁が低くて儲かるからこんなにいるんだろうな。 jil.go.jp/foreign/jihou/… pic.twitter.com/gFwuwRZlBl

@Tohma_Kei @matu923 雇ってる会社はこれだけ出してるんだからと派遣社員をこき使う。その実は、中間搾取されて安い賃金で過酷な労働を強いられてるというわけ。

[2]考える人の立場からみると "特定の業種を除いて人材派遣会社の全廃" がなぜ言えないといわざるを得ません。若い人は "派遣" が当然の働き方だとさえ勘違いしていますが、人材派遣会社はそもそもほぼ全て不要。本来労働者が2000円もらえる時給の半分を派遣会社が搾取するから時給が1000円になる仕組

@3h_aki @YuzukiMuroi 日本の労働者は守られていません。派遣が正社員と同じ仕事をして待遇が違うとかアメリカでは違法です。生産性が低いのはマネージメントのせいなのに利益はマネージメントに搾取されてる。それでいて会社への忠誠心を求めるって、おかしいと思うんですが。

ブラック派遣会社です スタッフからのクレームを対処しません 契約書は適当です 業務内容のヒアリングもグダグダです 要注意⚠️ twitter.com/AdeccoJapan?s=…

6年ほど前に地元の家具工場で派遣労働をした時、契約していたブラック派遣会社との間で実際に起きたことを書いたツイートが出てきた。同様の境遇にいる人は参考にしてください。 この派遣会社は最初の段階でも「手違いで」社会保険の加入を一か月遅らせるという手口を使った。twitter.com/mas__yamazaki/…

東大卒の元局アナが体験 中高年ブラック派遣「奴隷労働現場」 FRIDAYデジタル friday.kodansha.co.jp/article/69973 「もう来るなよ。テメェみたいなジジイ、いらねぇから!!」 ◆現場1:賃金2000円以上天引かれ「派遣のクズが!」 ◆現場2:駅から徒歩30分の事務所で娘のような若い女性から罵声 これはひどい

@wanpakuten 派遣フル活用し中高年ニートやロスジェネを生み、サビ残、労基違反で労働力を搾取、破壊、育休マタハラ解雇で出生率をさげ、法人税払わぬツケを消費税に押しつけ景気悪化。財界人の社会への無能ぷりが全開の現代で、新一万円札が富の社会還元を訴えた日本資本主義の父渋沢栄一ってのは痛烈な皮肉かよ!

クロ現 「保幼無償化 現場」 保育士1人につき 手取り16万円 0歳児 3人以上 1・2歳児 6人以上 3歳児  20人以上 4歳児  30人以上 認可基準、狂った悪法、政権 人員2倍必須 専門学校企業、資格試験と繋がって自民は大儲け 派遣会社に依頼して紹介料100万円 大搾取王国

【ブラック派遣の見分け方!】空求人、給与が話と違うといったとんでもブラック派遣会社が存在しています。しっかり見分けてホワイトに就職しましょう。⏩success-job.jp/haken01/hakenk… #ブラック企業

だから実際に失業保険が振り込まれるまでの三ヶ月〜半年の無給期間が耐えられないから皆慌てて就活・就職する。 ブラック企業やブラック派遣だとわかっていてもそこに就職して働くほかなくてね。失業保険もらうまでの期間(ハードル)高過ぎ。意味がない。基本ない。

@rodosoudan @toilet_trained 私も、ブラック派遣会社を「労働基準監督署」に、訴えた事が有ります。「ハロワの求人内容」が、虚偽記載でした。3ヵ月後に、その「ブラック派遣会社」に、監督署が入り… 社員の待遇は、改善されましたよ。

@VBfnpAt7Sed9Han @yurara0601 @piyopiyokomame 派遣労働者の契約期間満了による雇い止めの場合、待機期間なしに失業保険が受給できます 2009年3月31日の雇用保険法改正でそうなりました これは、労働者に雇用継続の意思がなかったことによる契約終了の場合でもそうです

そこで身をもって体験したのが、年収3000万円を豪語する人材派遣会社の20代の社員たちが、時給数百円で自らの親世代にあたる中高年男女を酷使するという、異様ともいえる「奴隷労働の現場」だったのです。

1