1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

もう仕事納めだと・・・?

今年も残すところあと10日余り、来週で仕事納めという人も多いと思いますが、早くも20日に仕事納めとなった企業もありました。

早めに納めて働き方にゆとりを

シャンパンにワイン的な飲み物とピザ的な食べ物で、今まさにこの1年を締めくくろうとしています。

長い年末年始の期間を利用して社員たちは帰省するも良し、旅行するも良し、テレワークするも良しと、柔軟な過ごし方が可能に

また、官公庁でも・・・

全国の官公庁で年末の「仕事納め式」や年始の「仕事始め式」を見直す動きが広がっている。

【仕事納め式もなし】兵庫・伊丹市「仕事始め式」を廃止 news.livedoor.com/article/detail… 幹部職員が集まり市長の訓示などが行われていたが、わずか15分程度のセレモニーのために人を集めるのは非効率として廃止を決めた。

この動きは全国に広まっている

愛知県豊田市は6日、年末年始恒例の仕事納め式と仕事始め式を廃止すると発表した。働き方改革の一環という。

兵庫県内では神戸市が2年前に仕事納め式を廃止し、伊丹市が来年から仕事始め式を取りやめる。

豊田市、仕事納め・始め式、廃止するんだね。いらんならやらんでいいし、必要ならWeb通してやったらいいのでは。いらんかったのね。

仕事納めないのに、本社に合わせて仕事納め式に参加させるの本当意味わからない我の職場

明治大経営学部の遠藤公嗣教授(雇用関係論)は「休暇取得につながるかまでは未知数だが、合理的な取り組みだ」と評価した。

こうした改革は、今後も加速する

安倍政権が最重要テーマとして掲げる「働き方改革」の各種制度が、今年4月から順次実施されています。

残業時間の上限は、原則として月45時間・年360時間とし、臨時的な特別の事情がなければこれを超えることはできません。

大企業では2019年4月〜

さらに、23年4月からは・・・

1 2