1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

わずか1ヶ月半…「フィテッセ退団」の本田圭佑に厳しい声も

以前から「全ては東京五輪出場のため」と言及している本田選手。しかし、今回の決断には厳しい声も多くあがっているようです。

更新日: 2019年12月24日

5 お気に入り 18581 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■元日本代表MF本田圭佑がフィテッセを退団!

23日、元日本代表MF本田圭佑(33)が自身のTwitterを更新し、オランダ1部フィテッセを退団すると発表した。

■半年間の無所属状態を経て、ようやく決まったフィテッセ加入

かつての”恩師”が助け舟

今年6月にメルボルン・ビクトリー(豪州)を退団し、欧州を中心に移籍先を模索も決まらず、無所属の状況が続いていた本田。

10月末、CSKAモスクワ時代の恩師レオニド・スルツキ監督が率いていたフィテッセのトレーニングに参加し、11月6日に正式加入。

2020年6月までの半年契約

低迷するチームの救世主として期待されていた

11月24日に行われた第14節スパルタ・ロッテルダム戦にスタメン出場し、約10年ぶりのオランダ再デビュー。

186日ぶりの実戦だったが及第点のプレーを見せ、下位に低迷するチームの救世主として大きな期待をかけられていた。

■しかし、スルツキ監督の辞任で本田の立場は一気に危うくなった

29日のヘーレンフェーン戦に敗れてリーグ戦5連敗となり、試合後にスルツキ監督が成績不振の責任を取って辞任。

後ろ盾を失った本田は、その直後の試合でスタメン落ちとなり、今月22日に行われた第18節VVVフェンロ戦ではメンバー外に。

本田の欠場についてフィテッセの広報が「個人的な事情」と説明したため、移籍の可能性などがメディアで取り沙汰されていた。

■わずか1か月半での退団を決めた理由

Thank you for everything to all people of @MijnVitesse Unfortunately it was very short time but I really appreciate it. Look forward to seeing you someday again! pic.twitter.com/LsJuFvqCGB

退団の理由について本田は「自分の状況を変えることを目的としてこのチームに来たが、変えることができなかった」。

「スルツキ監督はクラブを退団した。私は責任を感じている。だからここにいるべきではない」と説明している。

■本田の目標は「OA枠での東京五輪出場」

ロシアワールドカップ限りで日本代表からは引退したが、オーバーエイジ(OA)枠での五輪出場を目指している本田。

「五輪で勝つために練習メニューも考え、プレースタイルも変えている」と意欲を示し、森保監督も選択肢の1人と言及している。

■すべては東京五輪のため

本田「競争するなら自分が意義を感じる場所で競争したい」

先発落ちが続く現状に「競争自体は問題ないが、引退に向かっているし、当然ながら死にも向かっている。1日の重みも違う」。

1 2