1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

令和はどんな時代に?

senegirlsさん

今年もクリぼっちが増加傾向

24日~25日のクリスマスの過ごし方を尋ねたところ、「いつも通り自宅で過ごす」が1位、2位に「ホームパーティーをする」が入り、3位に「仕事やアルバイト」となりました。

企業側も動いている

ロッテリアは12月20日、“クリぼっちも怖くない!”をキャッチコピーに、「500円クリぼっチキンパック」を発売する。

500RT クリぼっちバンザイ! バーガーキングがおひとり様向け「ぼっちバーレるSET」をクリスマス限定で販売 nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/19… pic.twitter.com/j1Z5XEbZDA

「バーガーキング」は12月20日、自分らしいクリスマスを送りたいという人に向け、1人で楽しむのに合わせた分量のセット「ぼっちバーレるSET」を販売

近年は、未婚率が上昇していて

NHKの調査では「人は結婚するのが当たり前」と考える人は1984年で全世代の約6割だったが、2018年には3割以下と大きく減っている。

2015年の国勢調査では男性の23.37%(4人に1人)、女性の14.06%(7人に1人)が50歳までに一度も結婚したことがないという。

この数字はさらに上昇する予想

(50歳時点で一度も結婚をしていない人の割合は)2035年には、男性は約29%、女性は約19%になると予測されている。

一体なにが起きているのか

「独身の利点」は「行動や生き方が自由」「広い友人関係を保ちやすい」「現在の家族との関係が保てる」「職場をもち社会との関係が保てる」があがっています。

女性にとっての結婚とは、(1)自由を失い、(2)友人と疎遠になり、(3)家族とのつき合いが減り、(4)仕事ができなくなる、という「四重の損失」

TVドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』や『東京タラレバ娘』の大ヒットもあいまって、独身も既婚者も「結婚ってなんだろう?」「なんのための夫婦?」と考えさせられる機会が増えている。

一方、男性も・・・

男性の「独身の利点」は、「家族扶養の責任がなく気楽」「金銭的に裕福」の2つがダントツ

男性がなぜ結婚に躊躇するかといえば、妻や子どもを扶養する経済的な責任が重く、自分のお金が自由に使えなくなるから

これにより、売れる商品も変化

1 2