1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

makaizouさん

慰安婦合意から丸4年が経過するが、このタイミングで韓国の憲法裁判所がとんでもない判断を下す恐れが出てきた。

慰安婦合意が違憲かどうかを4周年前日の27日に下すという。
文在寅政権が慰安婦合意を形骸化させて財団も解散させたが、もし違憲との判断が出れば慰安婦合意は正式に韓国では無効化されるそうだ。
韓国は国際法違反行為をまた一つ重ねることになる。

韓国内では27日以降は慰安婦合意は無効

本来ならば28日に判決を下したかったのかもね。
ここで違憲の判断が出れば慰安婦合意は韓国内では無効だとみなされるらしい。
これまで文在寅政権は慰安婦合意を形骸化させる動きを見せてきた。
慰安婦問題は未解決だとして財団も解散させた。
それに輪をかけるように憲法裁判所が違憲判決を出せば事実上の破棄とみなされてもおかしくない。
そこは憲法裁判所の判断であって韓国政府は関与できないと三権分立の理論を念仏のように唱え出すだろうが、破棄という言葉を日本の目の前で使っていないだけで事実上の破棄だと思う。

韓国側もこういう判断を下すと決めたからには、日本との関係が消失することも視野に入れ始めたんだろう。

ホワイト国除外はそれほどまでに韓国にとってショッキングな出来事だったわけだ。
韓国の裁判所というのは時に法や論理を超越する。
国際社会の場では通用しない解釈が平気でまかり通る。
韓国内でどういう判断が下されても驚かない。

1