1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『嘘八百』続編も!2020年前半のおすすめ「コメディ」映画

2020年前半も「コメディ」映画の期待作が多数。『嘘八百 京町ロワイヤル』、『劇場版 おいしい給食』、『一度死んでみた』、『キスカム! COME ON, KISS ME AGAIN!』、『一度も撃ってません』、『フェアウェル』。

更新日: 2020年02月11日

1 お気に入り 2064 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『嘘八百 京町ロワイヤル』(1月31日公開)

嘘八百京町ロワイヤル試写会観てきました。まず最初に続編やってくれてありがとうそして前作のキャストも活かしつつ新たな登場人物もしっかり描かれてて本当に最高でした!!控えめに言って山田裕貴良かったですよ…やー早く一人でも多くの人に観てもらいたいな~観て欲しいな~てか観よう??

今年ラストの試写会は「嘘八百京町ロワイヤル」 最後まで飽きずに面白く楽しめました 今年試写会に当たったのは30回ほど、都合で全部は行けませんでしたが、20回行きました。 今年もたくさん映画を観られて幸せでした #嘘八百 #試写会 #懸賞

『嘘八百 京町ロワイヤル』試写にて マドンナ広末涼子を迎えて、笑いも爽快感もパワーアップ!「家族再生」に縛られ前作は少々窮屈な印象でしたが、キャラ紹介不要の続編は最初からノビノビ。早くもお約束が確立されつつあり、長期シリーズ化にも光。老若男女楽しめるお茶の間コンゲームをお試しあれ! pic.twitter.com/ioHmZardtN

◆『劇場版 おいしい給食』(3月6日公開)

「おいしい給食」おもしろ楽しくそして懐かしく癒しの2ヶ月間をありがとう。あっという間の最終回で寂しいなぁと思ったら劇場版の予告‼️楽しみだoishi-kyushoku-tv.com/story/

おいしい給食、初めて見たけどめっちゃ面白い。しかし来週最終回と出てoh…てなってたら劇場版の予告出てきてoh!!てなった。 揚げパンはこっちの給食に出ない幻のパンだから、憧れちゃうね。

【おいしい給食】なめてた。 最初は『孤独のグルメの給食版かなぁ』とか安直に考えてた。 が、違った。 出演者の演技がナチャラルだった。 市原隼人が変だったw 神野ゴウ最高。 給食前の歌が耳に残りまくった♪ 劇場版が楽しみ(^^) #おいしい給食 #市原隼人 #武田玲奈 #佐藤大志 #神野ゴウ twitter.com/tokyomx/status…

◆『一度死んでみた』(3月20日公開)

「一度死んでみた」試写でした。朝ドラの2人が今度はこんなことに…。広瀬すずちゃんのデスメタルボーカルはめっちゃハマってる。吉沢亮くんも陰キャラが上手い pic.twitter.com/3ScITXhkTZ

澤本さん脚本の「一度死んでみた」の試写会に行ってきました。前作「ジャッジ」に続き、1秒のスキもない痛快コメディです。 若いカップルはもちろんですが、年頃の娘のいるお父さんにもマジオススメデス pic.twitter.com/V62N6gfVv1

試写で『一度死んでみた』を観てきました。やはり某弁当は美味そうだということ、某消臭剤は消臭以外の用途にも使えるということを再確認できる、ちょっと懐かしさのある作品でございました。広瀬すずは飯食ってる顔が本当に素晴らしいので日本映画界はどんどん食わせていくべき #一度死んでみた pic.twitter.com/YCuYWrDzDl

◆『キスカム! COME ON, KISS ME AGAIN!』(4月3日公開)

葉山奨之好きだからキスカム観に行きたいんだどさキスシーン多めの映画らしいから観に行くのに躊躇しかない

映画といえば、来年4月公開のキスカム!も、井上苑子ファン必見の作品やん?? #ライクソング

今日4月21日 沖縄映画祭にて 松本花奈監督「キスカム!Come on, kiss me again!」 上映!! 一般公開が楽しみなのだ!! pic.twitter.com/9dmHiOCYaC

◆『一度も撃ってません』(4月公開)

あーーーーーー!!!!、!阪本順治と大楠道代の新作!!!!!!!!!!!!! 映画『一度も撃ってません』の感想・レビュー [0件] | Filmarks filmarks.com/movies/88472 #Filmarks #映画

石橋さん主演!絶対見る!! 石橋蓮司、阪本順治監督『一度も撃ってません』で18年ぶり映画主演! cinematoday.jp/news/N0112741 @cinematodayから

「団地」がむちゃくちゃ好きなんでこれは見るしかない 珍しく桃井かおりがいるし 石橋蓮司、阪本順治監督『一度も撃ってません』で18年ぶり映画主演! cinematoday.jp/news/N0112741

1 2