1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

今年から空港の保安検査が強化

保安検査で、コートやジャケットなどの上着、ブーツなど「くるぶしを覆う」靴などは脱いでX線検査を行います。

まず、上着を脱ぐ必要がある

安全靴や厚底靴、ブーツ、くるぶしを覆う靴はすべてX線検査を実施。国交省では「靴は脱ぎやすいものを履いてくること」を推奨

保安検査場、上着まで脱がして検査してたっけ

よくわからんけど保安検査場で靴脱がされたのは初めて

このほか、凶器や爆発物検査も強化。検査員が無作為に体に触れる検査に加え、検査紙で体に触れる検査も新たに開始する。

さらに、締め切り時間も繰り上げ

国内線では多くの航空会社で、2019年10月27日より、保安検査場の締め切り時刻が出発時刻の20分前に繰り上げられました。

ANA(全日本空輸)、AIR DO、ソラシドエアは8月20日、国内線の全空港において、保安検査場通過締め切り時刻を、10月27日以降は「出発時刻20分前」に変更することを発表した。

国内線保安検査場の通過締切時刻は出発時刻の「20分前」となっております。またテロ対策の一環として上着検査等の保安検査を強化しており、保安検査場の混雑が予想されます。お時間に余裕を持って空港にお越しくださいますようお願いいたします。social.jal.co.jp/2zb social.jal.co.jp/3zb

車で帰省する方へ

渋滞が避けられない帰省時に起こりやすい脱水症状で集中力の低下や急な疲労感などが、安全運転に影響を及ぼすと着目した。

冬の車内って実はめちゃくちゃ乾燥してるって知ってました?気づかないうちに脱水状態になる「かくれ脱水」に注意!注意力の低下や疲労感の増加などに繋がります。

冬場でも脱水症状になりやすい

ドライブ中の脱水症状はトイレを控えるために水分補給を抑制するなど渋滞時に注意すべきで、また夏季よりも汗をかきにくい冬場の方が発生しやすいという。喉が渇きやすい夏場よりも脱水を自覚しにくく、「かくれ脱水」になりやすいからだ。

「かくれ脱水」を防ぐためには、1時間あたり200ml程度のこまめな水分補給が必要だそうです。

車で長時間ドライブする人も多い年末の帰省シーズン。「かくれ脱水」をしっかり予防し、楽しいドライブを楽しんでください。

祖父母の方に知ってほしいのが、

年末年始は、帰省した実家でのご飯やお出かけ先での外食など、普段とは違う場所での食事の機会が増え、食物アレルギーを持つ子どもにとっては気をつけたい時期です。

お休みになる医療機関も多く、かかりつけの病院が休院ということもしばしば。開院している一部の病院に人が殺到し、患者にとっては待ち時間が長く、病院としてはゆっくり話を聞いたり、説明したりする時間を確保することが難しくなりがちです。

1 2