1. まとめトップ
  2. おもしろ

車内爆笑!Twitter発「2019年電車で起こった事件簿」総まとめ

通勤・通学などでよく乗る「電車」。2019年もツイッターでは、そんな「電車で起こったおもしろエピソード」がいろいろと報告されました。Twitter発「2019年電車で起こった事件簿」をまとめました。

更新日: 2019年12月26日

13 お気に入り 83107 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

monet333さん

・通勤・通学などでよく乗る「電車」

都会の生活には欠かせない、電車。毎日の通勤に利用している方も多い

たぶん都会の人間であれば、電車を使って通勤・通学している人が一番多いんじゃないでしょうか?

・2019年もツイッターでは、そんな「電車で起こったおもしろエピソード」がいろいろと報告されました

▼1月

少し混み合った電車のなかで「ねえママ!座るところがない!」と伝えるお子さんに「そうだね!人気の電車だね〜!人気の電車に乗れてよかったね〜!」とお母さん。お子さんも「そっかあ」と納得した様子でそのあとは他のお話をしていた。それぞれの受けとめ方がとっても素敵でびっくりしてしまった。

どうしよう...電車で咳が出始めたから、食べようと思ったのど飴が、前の席で熟睡してる女性のバッグにホールインワン...。

今日電車で居合わせたカップルの 「マツコの知らない世界って知ってる?」 「マツコが知らないのに俺が知ってるわけないだろ」 って会話が面白過ぎて何度も思い出し笑いしてる

電車で向かい席の赤ちゃんギャン泣きでお母さんが申し訳なさそうにしてて(これは!TLで見かけるあの状況キタ!)と「大丈夫ですよ☺」て声掛けたら、思いがけず隣の女の子が「私も気になりません☺」て言い出して、斜め向かいのサラリーマンが「何ヶ月ですか?☺」って言って、お母さん守る同盟生まれた

▼2月

電車でFRISKを食べようとしたら隣に座っていた小学2年生ぐらいの男の子が小さい声で 男の子「食べたい……」 私「食べる?」 男の子「うん!!!」 その子にあげたらすぐに口に入れて幸せそうに頬張ってました。これから一生FRISKを持ち歩こうと思いました。

ドイツの電車、遅れてすみませんどころか「お前達が乗降口でちんたらするから、駅に止まる度に1分、2分、3分と遅延して行くんだ!!まあ私にはどうでもいい事だが!!??」と車内放送でキレ始めた

イケメンが電車で「席どうぞ」ってお婆さんに譲ってた。「まだそんな年じゃないですよっ!」と機嫌悪くなる、ひねくれ婆さん。 イケメン、「ただのレディーファーストですよ、お姉さん」とウィンク。ばあさん赤面。俺も赤面。客席全体がわりと赤面。

先日電車で聞いた親子の会話が、現代文講師として興味深かった。 「パパ、どうして電車って走ってるの?」 「すぐに着けるからだよ」 子どもが釈然としない顔をしていると父親は何かに気づいたようで、 「電線から電気を食べてるからだよ」 と。 子どもは満面の笑み。 "理由"説明の面白さだよね。

▼3月

新幹線で座席傾けようとしたら全然倒れなくて何度も力入れてレバーを引いていた。「あのね」と言われ振り向いたら隣の席のおじさんがフルフラット状態で「お嬢ちゃんのレバーは右側だよ…」と教えてくれた #どれだけのミスをしたかを競うミス日本コンテスト

びっくり!いま電車で隣になったお洒落なおばさまから「突然ごめんなさい!私はチベットに十年住んでいたんだけど、チベットのお寺でしか嗅いだことがない懐かしくて甘いいい匂いがあなたからするんだけど、どこから発してるの??」って言われた…使ってる香水とか教えたけど、私チベットの寺なんだ…

知らないサラリーマンが酔って駅のホームから落ちたので、救助したら駅員に犯人扱いされ、駅員室に連れてかれ、警察の人とお話をしました。 防犯カメラにサラリーマンが1人で落ちて、私が助けている所が映っていて無実が証明され解放されました。 それでは聞いてください。 終電が無いです。

電車内で4歳くらいの女の子が突然 「バーニラッバニラバーニラ求人バーニラッバニラ高収入」 って急に歌いはじめて 母親は慌てて子供の口を手で抑え 父親は遠くを見ている 対面に座るお兄さんはネックウォーマーで口元を隠しながらも肩が震度3くらいで震えてる それを必死に文字にするわたし

▼4月

ただ今満員電車の中ですが、新社会人らしき男性がネクタイを結べず苦戦していたら隣に押し合っていたスーツの男性が結んであげていて新社会人の男性がぺこぺこお礼を言っていて、スーツの男性が「僕も昔手こずったよ」などと優しく声をかけていて押し潰されながら今日も愛をありがとう世界ってなってる

電車で小さなお子様を連れた若いお母様が二人。お母様同士が話に夢中になっていたとき、一人のお子様が「ママーお菓子食べたい」「知らん!」「ママー次の駅どこ?」「知らん!」間を空けない「知らん!」の連発に笑いそうになった。その後お子様は何もなかった顔。大阪の子はこうやって強くなるのか?

今日は偉い人と一緒に電車に乗り、そこにおばあさんが乗ってきまして。あ、と思った瞬間偉い人が光の速さで席を譲り私はそのまま。「出遅れて悔しいのでこの席どうぞ」と立ち上がった私を片手で制し「悔しいでしょう。僕、席を譲る速さでは負けないんです」とにっこり。偉い人はとても偉い人だった。

1 2 3