1. まとめトップ
  2. おもしろ

この記事は私がまとめました

予想のナナメ上でしたw

jetwskyさん

■『まさか、そう変形するとは!』■

社員がDIYで作った、折り畳み式のガーデンテーブル&イス。めちゃすごいので見て 普通に大作…便利やん…手作りなのもっと自慢していいと思う。 こういうのを作れる社員がざらにいるうちの会社 pic.twitter.com/2JrSmORjst

@cushiony_jp なん・・・だと・・・?と、変形してる様子を見てました✨すごい✨

■『まさか、そんなにウケるとは!』■

ちょっと驚くことがあったので「そんなバナナ!」って言ったら、息子が倒れそうなくらい笑って「は、初めて聞いた!」って言ってきてすごく恥ずかしい気持ちになった。

■『まさか未来から来た??』■

令和って、俺の名前と同じ漢字でワロタ(俺の読みはのりかず) 兄の名前が平成にちなんで平成(ひろなり)だからなんか笑える

■『十億人が動かせたのです。信じがたいことです』■

いま突然気付いたけど、俺たちはピラミッドを作っている。前にも後にも有り得ない、史上まれな奇跡的巨大作業をやってるという意味で。というのは、自動運転が普及してから千年経つと、今の時代の道路交通システムが理解不能になるから。

「西暦1900年からのほんの一世紀半ほどの間、人類は世界中に車を走らせていました」 「能動安全装置もグローバルドライブシステムもない時代に十億台の自動車をどうやって?」 「すべて、個人が、手動で、です」 (絶句) 「十億人が手動車を動かせたのです。信じがたいことですが、おそらく事実です」

時速百キロで移動する乗り物を、なんの自動安全装置もなく、十億人が自分の意思のみで運転していた西暦2000年頃は、古代人の信じられない蛮行あるいは超能力の時代として、未来から驚異と懐疑の目で顧みられるだろう。

五千年たったら、「自動走行装置がなければ車は走れない、だが車がなければ自動走行装置は発明されない。ニワトリと卵にも似たこのパラドックスがあるのに、なぜ自動車は誕生したのか?」という議論がなされているかもな。

■『あの鐘は超絶技巧ドラマーによる演奏だった』■

御茶ノ水にあるニコライ堂の鐘の音、まさか超絶技巧ドラマーによる演奏だったことを1年経って知った pic.twitter.com/sRQO2vMbQC

@sabosh_rafa ニコライ堂鐘楼。これ実は、全ての鐘がワイヤーと紐でつながっています。奏者(恐らく神品)のかたの右足の動きは、背後の鐘を鳴らすクラッパー部を一斉に操作できるペダルを踏んでいるはずです。この鐘楼は関東大震災後の再建物で、前身の鐘楼はさらに高いものでした。twitter.com/sabosh_rafa/st…

■『まさか、君達、小学校じゃあ先生が…』■

子役のオーディションをしていると、水筒を持っているのに全く口をつけない。飲んでいいと言うと一斉に飲む。「まさか、君達、小学校じゃあ先生が飲んでいいと言うまで飲んじゃいけないの?」と聞くと全員がうなづいた。身体の声に従わず教師の声に従う。これが教育なのかと暗澹たる気持ちになる

@KOKAMIShoji 恐ろしいことに幼稚園でもそうでした。まだ身体の未熟な幼稚園児に対してさえ、真夏にもかかわらず飲ませない。トイレも先生に断っても行かせない雁字搦め。子の水筒の中身が減らないので何故??と聞くと、飲むとトイレに行きたくなり先生に怒られるから飲まずに我慢したと話し、様子が判明しました

1 2 3