1. まとめトップ
  2. おもしろ

ありがちな…様々な『面接での出来事』のTwitter報告が面白い!

Twitterで見かけた様々な「面接」にまつわるエピソードなどをまとめました。ジワジワきそうになるものからハッとさせられそうになるものまで、色んな意味で面白い体験談や見聞きした話などが沢山ツイートされていました。

更新日: 2020年01月17日

25 お気に入り 76454 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

このまとめは、Twitterに投稿された体験談・エピソードや考え方などのツイートをまとめたものです。

futoshi111さん

◆就活でありがちなこと

@debu_dori ワイ「食い扶持を稼ぐためです。最低で自助できるくらいはないとあかんと思いました」 会社「採用」 実話です…(小声)

@debu_dori 当社を選んだ理由は?  1社目「モックアップとか好きだから」試作品製造  2社目「サーバーとか好きだから」IT(技術者枠)  3社目「おっきな重機とか好きだから」建設会社  4社目「企業フェアで話してくれた○○さんが気に入ったから」IT(営業枠) 全部内定もらえました(マジ困った)

@debu_dori 社長「弊社の社内報送りましたが見てくれました?」 ワイ「ハイ」 社長「何か感想とかあれば」 ワイ「・・・カラフルですね」 合格しました

◆「全然関係ないこと聞くけど…」

新卒就活、某外資の最終面接で役員に「全然関係ないこと聞くけど君って殺そうと思えば僕のこと殺せるよね…?」と聞かれて「10秒頂ければ!」と答えて内定をもらう #フォロワーが体験した事が無さそうな体験

@VmWBqPfR5CfOG1u 履歴書にボクシングの実績とかも色々書いたからかもしんないです。笑

◆「おもちゃのまちです…」

面接官「君の出身地は?」 僕「おもちゃのまちです…」 面接官「真面目に答えて下さいwそんなメルヘンチックな地名があるはずないでしょww不採用!」 pic.twitter.com/GDExxQOWJc

@Tsubame_Koume 画像のおかげで最寄り駅のみの情報になりましたが、おもちゃのまちという地名自体は普通にありますよ。県民も壬生町の宇都宮付近の地域はおもちゃのまちと読んでます pic.twitter.com/GPo6oRD07I

@tikubi1030 面接官「君の出身地は?」 ワイ「ゆめタウンです!」 面接官「スーパーマーケットじゃないのかね」 ワイ「ホントに地名なんです」 pic.twitter.com/UIfetzHAhX

◆就活の最終面接で

就活の最終面接で「将来はどんな大人に『なりたい』ですか?」と聞かれたので「○○な大人になりたいです」と答えたら「君ねえ、『なりたい』じゃダメなんだよ。最近の子供って本当に意思が弱いよね。『なる』って言うのそこは」と理不尽な説教をくらった千葉の大手企業の社長を私は未だに許していない

@todoron_sk FF外、失礼します。 それなら、『なる』と決めてますか?と聞くのが、大人の会話の仕方だと思いますw

@todoron_sk 強い意志を聞きたかったんでしょうけど、自分でそういう聞き方したのに、怒るっていう器の小さな社長の元で働きたくないですし、忘れていいと思います。そんな人。どうせ会うこともないでしょうし、、

◆興味半分で行ってみた

「うちで面接受けませんか」ってしつこいから興味半分で行ってみたら開口1番「なんでうちに来たのか」「あなたの仕事、あんま意味あると思えないんだけど」からはじまっていろいろと喧嘩売られたので「お互い時間の無駄なのでこの面接やめません?」って言って帰ろうとしたらさらに怒ってきて笑けた。

この後、エージェントが「面接楽しめましたか?」とか電話で抜かしてきたので「ある意味でな☺️貴重な体験ができましたよ」って言っておいた。

「同じような目にあった」っていう人がこれだけ反応してくれると、人材の流動化なんてまだまだ無理なんだろうなって思えてしまうなあ。転職活動のかったるさがすごい。

◆面接官、予想できなかったのか⁉

1 2 3