1. まとめトップ

【2019冬最新】これで滑らない!!凍結防止剤&融雪剤 おすすめ人気ランキングTOP5

道路がこおる季節になりました。凍結防止剤で凍結を防ぎ、楽に出勤、通学しましょう!選び方、おすすめを紹介しています。

更新日: 2019年12月27日

1 お気に入り 307 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

リルAGAさん

道路が凍る季節です。

道ガッチガチに凍ってる怖い 道路がスケートリンク

凍結防止剤と融雪剤の違い

選び方のポイント

凍結防止剤は使用する環境で最適なタイプが別れます。状況に合った製品を使用しないと、適切な効果が得られなかったり、悪い影響を及ぼす可能性もあります。

① 効果重視

塩化ナトリウムの凍結防止剤が即効性があるため、大雪になる前などの緊急時には一番適しているでしょう。

② 環境に配慮する

凍結防止剤は、植物に影響するという調査結果がある。

以上より,道 路近接地点においては凍結防止剤散布により植物に影響を与える可能性があることを確認 した.

そのため、近くで植物を育てる場合、枯らしたくはない場合は、環境にやさしいタイプの凍結防止剤を使用しましょう。

凍結防止剤の正体は塩!?

「札幌市で使っているものの主基材としては塩化ナトリウムを使用しています。要するに、塩ですね。路面上の圧雪や氷板に凝固点降下作用を発生させ、氷点下でも凍結しないようにさせているんです」

気温を下げていくと、水の場合は0℃で凍り始め、完全に固まってから氷点下に温度低下しますが、塩水は凍結と温度低下が同時に起こり、氷点下でも水分が存在します。

この凝固点降下の作用を期待して、凍結防止剤を凍結しそうな路面、あるいは凍結した路面に散布しています。道路に塩を撒いておくと、道路上の水分は氷点下になってもなかなか凍りません。

おすすめ凍結防止剤&融雪剤

第5位 安全重視の凍結防止剤!

1)安全性の高い薬品で、従来は染顔料や他の化学物質の中間物などを製造する時のPH調整剤として使われてきました。

2)安全性の高さから、塩素化合物に代わる「凍結防止剤」として数年前から既に東北地方を中心に使用され、実績があります。

3)蓄熱作用があり、その特長を生かした蓄熱剤用途として、トランスヒートコンテナ主剤としても新しい用途を開発中です。

第4位 あまったら除湿剤にも

1 2