1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

□自動運転

豊富な開発実績を持っている企業では、先進運転支援システムの開発に加えて、自動で運転できる様々な技術の開発を急いでいます。

さらに、歴史ある大手自動車メーカーや関連会社以外でも、ベンチャー企業や異種企業の参戦などにより、市場が活発化。

□0~5の6つのレベルに分けられる

〇レベル1

自動運転のレベル1は自動運転システムが運転手の代わりに速度の調整かハンドル制御のどちらかを担うとされています。

たとえば、前方の車の状況次第での自動ブレーキやACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)とよばれる自動でアクセルやブレーキなどの補助があげられます。

〇レベル2

これはレベル1の技術の組み合わせで、車線の逸脱を自動で補正し、かつ、一定の車間距離を維持することができる技術が該当する。

自律モードは特定の条件に制限され、高速道路や明確な車線のある道路以外の複雑な地域を運転する場合は、依然として人間のドライバーが運転する必要があります。

〇レベル3

自動運転システムが自動運転走行を継続できなくなった場合には、ドライバーが操作を引き継ぐ必要があるためドライバーが運転席に乗車している必要があります。

〇レベル4

限定された場所(例えば高速道路)でドライバーに頼る事無く、システムが全てを操作するレベルであることを指します。

また、交通量が少ない、天候や視界が良いなどといった運転しやすい環境が整っているという条件は依然として必要です。

〇レベル5

システムが加速・操舵を担う。場所の制限は一切なくなり、もはやハンドルが要らなくなります。

レベル5まで自動運転が高度化すると、自動車自体の技術向上に加えて、道路やそれを含む街も高度に整備される必要があると考えられています。

□日本の現状ではレベル2

1 2