1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

fundoshi666さん

●国家公務員に冬のボーナスが支給された

一般職(管理職を除く行政職職員)の平均支給額は、約68万7700円だった。

●前年冬に比べ約2万2,300円減った

去年に比べておよそ2万2300円、率にして3.1%ほど減り、2年連続の減少となりました。

▼しかし、1年間で見ると国家公務員のボーナスは増えている

夏のボーナスが、0.1か月分増えた一方、冬のボーナスが0.05か月分減ったことなどによるもので、年間の平均支給額は、0.05か月分、およそ4000円、増える見込みです。

全体で見ると増えているみたいですね。

▼実際に、夏のボーナスは4.1%増加していた

国家公務員のボーナスは大きく増えた。内閣人事局の発表によると、「6月期末・勤勉手当」の平均支給額は67万9100円。前年に比べて4.1%増加し、7年連続のプラスになった。

●ネットでは、このニュースに様々な声があがっている

日本の税収は約40兆円程だが、社会保障費だけで26兆円位になる。 また公務員の平均年収は約700万円で「給料が高い」と批判されている様に国家公務員の人件費だけで約5兆円もかかっている。 社会保障費と人件費だけで税収の75%を使っている訳で、税収の大半がコストに回っていると言う事だ#ボーナス

使われて欲しい所に使われない税金。消費税は国の借金に回されてるのに国家公務員や政治家は多額のボーナスを取る謎。しかも一般企業の高い水準に合わせてるとか舐めてるのか?一般企業は利益がある場合に社員に還元してるのがボーナスでしよ?政治家や国家公務員は何に利益を出してるの??腐ってる https://t.co/kVf0sCUuCG

公務員のボーナス 赤字財政なのに民間より高いボーナス支給かい 奴らが言う民間平均ってのは公務員が選んだボーナス高そうな会社で回答があった10社位の平均だからな 公務員のボーナス無しでいいとは言わん が、給料もボーナスも県内企業の平均値でいいじゃん

●総理大臣などの特別職などにもボーナスは支給されている

●管理職を加えた国家公務員のボーナスの平均は「94万円」

人事院によると、公務員の冬の支給は2.275カ月分。公務員給与(一般職)の平均は43歳で41万2008円だから、平均支給額は93万8162円である。

▼民間企業でいうと、年収550万円層のボーナスクラスが平均値になっている

▼え、じゃあなんで68万円と報道されているの?

国が発表し、大新聞・テレビがうのみで報じる支給額は「平均給与31万円、ボーナス69万円」と実際よりもかなり少ない。

年功序列で誰でも昇格するため職員の過半数が「管理職」なのに、政府の公表値には「管理職」が含まれていない

意図的に少なく発表しているんですかね…

1