1. まとめトップ
  2. おもしろ

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

◆手抜きの技術について

漫画の話なんだけど。 新人の頃、週刊連載をたった時に担当編集さんから「ネームも原稿も毎回、80%の出来で納得してやれ、そうじゃないと連載は間に合わない。足りず悔しかった20%は、次の回の原稿にぶつけろ」って言われて、これって金言だなあ思って。今でも大事にしていて。手抜きも技術。

@uhyoneko どんなに凝っても未完成なら0%みたいなものですしね

◆電卓の使用について

海外で行われている「教育現場に関数電卓を導入」という話、読んでとても納得した。 大事なのは数学的考え方と応用法を身につけること。 筆算で無駄に授業時間を浪費するどころか、面倒さから数学嫌いを生む原因。 にも関わらず日本の教育現場では筆算至上主義が蔓延している toyokeizai.net/articles/-/306…

@metatetsu オーストラリアに留学したら確かにみんな教室にある関数電卓使ってたなあ めちゃくちゃ簡単な計算でも使ってて笑ったけど(笑)

@metatetsu 筆算なぁ… 勿論使えれば便利だけど今の時代だともう必須度は低いですよね

◆上司の金言

前職大企業のゴミ上司、唯一さすがと思ったのはワイ退職時のテキパキさ。特に朝礼での「辞める人は元の会社なんてどうでもいいので引き継ぎを主導させてはダメ。残る人が彼をつかまえて根掘り葉掘り聞き出しなさい」の指示は十年の間に数十人以上の部下に辞められた彼だからこその重みがあった。

@y0gS0th0th @lranslot このアドバイス自体は正しいんですよね(^_^;) 根本原因を自分で作っただけで。

◆質問の奥深さについて

「質問が全て攻撃や叱責に感じる」 という人をたくさん見てきたわ。 きっと学校や家庭で、「どうしてやらなかった?」「なぜできなかった?」と怒られてきたからだと思うの。 世の中には良い質問もたくさんある。 それは相手への尊重があるものよ。 質問全部に怯える必要は無いと思うわ

@omoti194 わかりみが深い 相手はそんなつもり無いと分かっていても、いざ質問されるとキツい言い方に感じます... 勝手に傷ついて自己嫌悪に浸るので、もっと心にゆとりを持たなければと日々感じております...

@omoti194 多くの人に当てはまる事だと思います。最近は、フラットに人の意見を聞くようにつとめ、相手に伝える時は「責めてるんじゃないんです。」って言葉を添えたりしてます。それでも相手の感情が溢れている時は、「そうですよね。」と共感をもちながら、では、この提案はいかがでしょうと伝えています。

@omoti194 私も質問されると、自分が出した事が間違いで叱責されると、以前の会社で思ってました。

◆何かを続ける人について

「絵が下手なくせに絵を描くな」とか「絵が下手なくせにコミケに出るな」とか、逆だよなあと思う。下手でも描き続けた人間じゃないと残ってない。

@kanenooto7248 「コミケに出てから文句言え」と言いたいですねぇ。 もし出ているという返事が来たら 「出たことあるのにコミケの理念も考えもわからんのか」と返します。

@kanenooto7248 コミケに参加してみて 描く技術だけでは他に負ける、という事を知る →では自分の作画能力で「魅せる」にはどうすれば?を模索 他に無いオンリーワンな発想 って流れの集積でもありますね、コミケは

◆若者の根性について

「最近の若い子は根性が………草食だから………」とか言うけど「仕事頑張ったから出世して給料が上がって家や車買えた」人を見て育ってきた人達と「仕事頑張ってるのに出世できずに給料下げられて人員整理の対象に……」って人を見て育ってきた人達が同じモチベーションで仕事できると思うな

@meimeimeeei10 肉が食えるから肉食になれるわけで。 草しか食えないから草食なわけで…。

1 2