1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ももち先輩が見守る中… カントリー・ガールズがラストライブ開催

2019年12月26日(木)ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「カントリー・ガールズ」の活動休止コンサートが渋谷のLINE CUBE SHIBUYAで行われました。会場にはスーパーバイザーの里田まい、元プレイングマネージャーの嗣永桃子さんらが駆け付け、涙涙の公演になりました。

更新日: 2019年12月27日

7 お気に入り 8190 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

dat_naviさん

■5年間の活動に一旦終止符

カントリー・ガールズが26日、東京・LINE CUBE SHIBUYAで現体制ラストライブ『カントリー・ガールズ ライブ 2019 ~愛おしくってごめんね~』を開催。

10月18日に山木梨沙(22)森戸知沙希(19)小関舞(17)船木結(17)が同公演でグループ活動を休止すると発表していた。

チケットがソールドアウトした本公演には約1800人のファンが集結。ライブの模様はdTVチャンネルや全国27カ所のライブビューイング会場で生中継された。

会場にはスーパーバイザーの里田まい、元プレーイングマネージャーの嗣永桃子さん(17年6月30日引退)も駆けつけて見届けた。

■ライブ前半はカントリーらしさ全開

森戸はこの日のために「ポニーテールを解禁しました!」とモーニング娘。’19では見せないヘアスタイルでファンを喜ばせた。

「結成初期には黒髪ポニーテールを2年ほどやっていたので、久しぶりに結んでみました」と明かし、山木も「ポニーテールの姿が、カンガルのちぃ(森戸)っていうイメージもある」とうなずいていた。

4人は前身のカントリー娘。時代の楽曲も大切に歌い継ぎ、「シャイニング 愛しき貴方」「BYE BYE 最後の夜」のほか、セクシー対決VTRで観客を爆笑させた。

新曲「ずっとずっと」で本編を締めくくり。4人がステージを後にすると、会場は間髪入れずにアンコールを求める「カントリー」コールに包まれた。

■涙涙のライブ後半戦

カントリー娘。に石川梨華の時代から歌い継がれる「先輩 ~LOVE AGAIN~」に加え、「傘をさす先輩」や「恋はマグネット」を披露。

今月4日に発売されたばかりの1stアルバム『カントリー・ガールズ大全集(1)』収録の新曲「ずっとずっと」で本編を締めくくり。

長いアンコールが明けると、思い思いのドレスに身を包んだメンバーが登場し、「気ままな片想い」に続いて、ファンへの手紙を盛り込んだ「アイドル卒業注意事項」を涙ながらに歌唱した。

■感動のスピーチ

船木は、ハロプロ研修生の時代に「身長が小さいからカントリーちゃう?」と母親から言われていたと明かしつつ、「実際に加入してからは、かけがえのないメンバーに出会えました」と吐露。

小関は「私はアイドルは卒業しますが、自分に自信を持つことだけは忘れずにやっていきたいです」と宣言した。

森戸は「みんなが泣くから泣けない感じで、今頑張って耐えてるんですけど」と涙をこらえつつ、メンバー一人ひとりの良さを紹介。

「結ちゃんは、妹みたいでありながらも私たちをさとしてくれたり、舞ちゃんは、じつは遠慮がちだったり。梨沙ちゃんは途中から最年長として引っ張ってくれて、それがなかったら今の私たちはなかった」と告白。

山木は「これからは一般人として生きていくんですが、つらいことがあってもメンバーのことを思い出して頑張っていける自信があります!」とキッパリ。

■メンバーの今後は…

1 2