1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

色々と買いたくなっちゃうけど…「年末年始貧乏」には要注意!

年末年始…お金の使いすぎには注意したい!

更新日: 2019年12月28日

7 お気に入り 14474 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

stoneflowerさん

▼クリスマスに忘年会にお正月…色々とお金がかかる年末年始

年末年始ってなんでこんなにお金がかかるの!!??!

年末年始は、忘年会や新年会、また何年かぶりに同窓会がある人もいるでしょう。全てのイベントに参加すると出費が嵩みます

年末年始は子どもにとってクリスマスプレゼントやお年玉がもらえる楽しみな時期。親にとっては、なにかとお金がかかる頭の痛い時期

▼1年頑張ったと自分にご褒美を買いたくなってしまう…

学生でも社会人でも、何かを頑張った後には頑張った分だけ、自分へ何かご褒美をあげたくなります。「部活を頑張った」「勉強を頑張った」「仕事を頑張った」「休日出勤した」などなど

自分から自分にプレゼントすることで、明日もまた頑張れる

▼でも気付けば…年末年始貧乏になっていませんか?

新年が明けて1月の下旬によく聞かれるのが「年末年始で散財しすぎた」という声。どうしても気持ちが大きくなる時期だけに、欲求を抑え計画的に使わないと、一気にお金がなくなります

▼そして、年末年始はリボ払いにも注意したいところ

正式名称は「リボルビング払い」で、
語源は英語のrevolve(回転する)。拳銃のリボルバーと同じです

新たな利用が発生するたび支払残高は積み上がっていき、完済までの年月が長期化。リボ払いの恐ろしさは、表面の金利手数料だけでなく、こうした度重なる利用によって「借金を抱えた状態」が長く続く

リボ払いの手数料は、毎月の一定の支払額の中に含まれており、
支払額の全てが残高から減っていくわけではありません

リボ払いのメリットは「月々の支払いが少額で済みます」とかぬかしているけど、いつまでたっても利息を払い続けて元本が減らないし、減った頃には、またリボ払いにしようかで、再び元本が戻るリスクも教えないとまずいよね。

1 2