1. まとめトップ

【最新】ディズニーランドについての都市伝説・豆知識

都市伝説、陰謀論、謎、オカルト、怖い話、観覧注意、閲覧注意、アニメ、雑学、噂話、裏話、裏設定、黒い噂、夢の国、不思議な話、トリビア、ディズニーランド、ディズニー、ミッキー、ディズニーパーク

更新日: 2020年01月19日

2 お気に入り 15743 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

MiToTuさん

閉園時間に帰らなかったら、二度と帰ってこれない?

楽しいディズニーの時間が過ぎるのは早いもの。
帰りたくなくなってしまいますよね。
しかし、ディズニーの閉園時間に帰らなかったらとんでもないことになるそうです。
その節には2つあります。
1つは、時空の狭間に閉じ込められる説。
ディズニーランドの閉園時間に帰らずに隠れていると、自分のいた現実とは違う時空の狭間へ迷い込んでしまい、帰ってこられなくなるそうです。

http://irohanihoheto-labo.com/?p=2155

地下に巨大カジノがある?

夢と魔法の国・東京ディズニーランド。
その地下には、大人の夢と金が動く施設があるという都市伝説があります。
その正体は、巨大なカジノ。
なんでもカジノは会員制で、VIPの富豪たちが裏ゲストとして夜な夜な集まってカジノを楽しんでいるそうです。
夢の国の地下で、違法となる博打が行われているとしたら、大問題ですね。

http://irohanihoheto-labo.com/?p=2140

チップとデールのツリーハウス すべり台

ディズニーキャラクターが住まうトゥーンタウン。
その一角にあるチップとデールのツリーハウス。
ここには昔、すべり台があったのをご存知でしょうか?
しかし、今はこのすべり台、撤去されています。
というのも、このすべり台から子どもが落ちたり、手や足を切ったりという事故が多発したため。
もちろん、撤去するまでにディズニー側は原因究明のためすべり台を調べつくしました。
しかし、すべり台自体にはなんら異常なし。
仕方なくすべり台を撤去することになったのです。

http://irohanihoheto-labo.com/?p=2137

ミッキー

ディズニーリゾートの代表キャラクターであるミッキーマウス。
彼に関する都市伝説は非常に多いものです。
例えば、園内のミッキーマウスは絶対に頭の被り物をとってはいけないというもの。
これはキャラクターに入るキャストの雇用契約であり、破ると大変なことになるそうです…。
実際に2008年、ディズニーシーのイベントでのアクシデントでミッキーが水没してしまった際にも、絶対に頭の着ぐるみだけは取らなかった様子。
また、ミニー役のキャストと絶対に話してはいけないというルールも存在。

http://irohanihoheto-labo.com/?p=2149

タワーオブテラー

アメリカディズニーランドにある『タワーオブテラー』は、
ニューヨークの大富豪ハリソン・ハイタワー三世が自分の力を誇示するために建設した豪華ホテルという設定のアトラクションです。
ハイタワー三世は、ある部族から強奪したシリキ・ウトゥンドゥという像のお披露目パーティーの時、制御不能となったエレベーターから落下しどこかへ消えてしまったそうです。
これは、呪いの偶像と言われるこの像を扱うルールを守らず、ぞんざいに扱ったことによるものだとされています。

http://irohanihoheto-labo.com/?p=1464

ホーンテッドマンション

幽霊をモチーフにしたこのアトラクションには、本物の幽霊も登場しているかもしれません。
ホーンテッドマンションを体験した人に行ったアンケートに、
廊下の先にいる少女の仕掛けがリアルだったなどの回答が多くあったのですが、
実際には配置していないものでした。
閉園後のチェック時に、誰もいないはずのホーンテッドマンション付近から、
うめき声や鳴き声などが聞こえたというものもあります。
また、ホーンテッドマンションのイメージを壊さないために、一度も掃除をしていないという都市伝説もありました。

http://irohanihoheto-labo.com/?p=1458

カラスや蚊がいない!?

「ディズニーリゾートには、カラスや蚊がいない」。
この都市伝説はかなり有名なもの。
なんでも特殊電波(または音波、電磁波)によってディズニーリゾート内にバリアが張られ、カラスや蚊が入り込めないとのこと。
この特殊音波は成人にはあまり感じられないが、子どもには聞き取れ、ディズニーランドで通常以上にはしゃいでしまうのは、特殊音波の副作用とする都市伝説もあります。
ただし、実際にディズニーリゾートに行けば分かることで、ディズニー側も認めるところではありますが、カラスや蚊はパーク内にもいます。
極端に少ないとは言えます。

http://irohanihoheto-labo.com/?p=2143

ディズニーランド 迷子

ディズニーランドで迷子を見かけたり、子供が迷子になった経験はありませんか?
この都市伝説は、
もしかしたらただの迷子で片付けられるかもしれない、怖い都市伝説です。
家族でディズニーランドに来ており、娘がトイレに1人で行ったが、全然戻ってこない。
トイレはすぐ近くにあり、迷子になるのは考えられないと思っていた時に事件が起こりました。
トイレから男の子と親が出てきたので足元を見ると、娘が履いていた靴でした。
急いで係員に声をかけ、男を取り押さえてもらったとか。

http://irohanihoheto-labo.com/?p=2200

ディズニーランドには入れない人がいる!?

誰もが楽しめる夢の国・ディズニーランド。
出禁となり入場できない人がいるというのも都市伝説。
東京ディズニーランドに出禁となってしまったとされる日本人は3人。
・とんねるずの石橋貴明さん
・出川哲朗さん
・ギター侍の波田陽区さん
3人に共通する点は「芸人」。
真偽は不明ですが、
「ミッキーの中にはどうせ汗だくのおっさんがいる」
など経営側の怒りを買ってのことという説もあります。

http://irohanihoheto-labo.com/?p=2146

ミッキーの水没事件

これは東京ディズニーシーで起こった事件、
ミッキーがウォーターショーの時に水没してしまった話があります。
ウォーターショーの際にミッキーが水上スキーで現れる演出があり、
登場するや否や水上に転倒してしまいました。
本来水が染み込んでくるので着ぐるみは脱いだ方がいいですが、
ミッキーは決して着ぐるみを脱ぐことはなかったそうです。

http://irohanihoheto-labo.com/?p=2194

ディズニーランド 何をしているの?

ディズニーランドに行くと、清掃員が掃除しているのを多々見かけることがあると思います。
その清掃員に
「何をしているんですか?」
と聞いてみてください。
すると
「星のかけらを拾っている」や「夢のかけらを集めている」
と答えてくれる感動の都市伝説があります。
ディズニーの徹底された世界観は本当に感動ものです。
ぜひ声をかけてみてください。

http://irohanihoheto-labo.com/?p=2197

ディズニーランドは〇〇を参考に作られた

ウォルトディズニーはスピリチュアルが大好きで、
ディズニーランドはウォルトの手相を参考に作られたという都市伝説があります。
金運線にビッグサンダー・マウンテン、
財運線にバザール、
子宝線にイッツ・ア・スモールワールド、
結婚線にシンデレラ城と
まるでディズニーランドのマップそのものを表しています。
とても興味深い裏話でした。

http://irohanihoheto-labo.com/?p=2203

ディズニーランド 風船指切り事件

ディズニーランドに行くと、キャラクターの風船が売っていますが、
その風船の恐怖の都市伝説があります。
昔風船の紐を指に巻き付けていた少女が強風にあおられた風船の紐によって指を切断してしまった怖い事件があったとか。
この事件以来、
ディズニーランドでは風船の紐に指を保護するリングを付けるようになったそうです。

http://irohanihoheto-labo.com/?p=2207

ディズニータクシー

ディズニータクシーという都市伝説をご存知ですか?
このタクシーの特徴は、ソファーがフカフカ・外国人の様な風貌の運転手で、
・丁寧にドアを開けてくれる
・運転中は絶え間なくディズニートーク
・車内は常にディズニーミュージックが流れているなど、
普通のタクシーとは違います。
夢のようなディズニータクシーですが、怖い裏話があります。
ある日、1人の女性がこのディズニータクシーに乗車しました。
行き先を言わなくても運転手は舞浜方面に車を走らせ、ディズニートークで大盛り上がり。
あっと言う間に舞浜駅付近に到着し、運転手が

http://irohanihoheto-labo.com/?p=2213

イッツアスモールワールドピノキオの人形を持った女の子

怖い都市伝説を話してきましたが、ここで1つ感動の話を。
たくさんいる人形たちの中にピノキオを持った女の子が存在しているそう。
その人形を見つけられたら幸せになれるらしいです。
また、上記で紹介した日本人形の前でキスをすると、
そのカップルは幸せになれる都市伝説も、
ぜひ一緒にチャレンジしてみてください。きっと2倍幸せになれるでしょう。

http://irohanihoheto-labo.com/?p=2216

日航機墜落事故とディズニーの謎

1987年に起こった東京ディズニーランドの謎は、今でも未解決であり都市伝説として頻繁に取り上げられる。
それは9つのスクリーンがあるアトラクションで、突如として起こった。
このアトラクションはその日も大盛況で、何人ものゲストが9つのスクリーンに釘付けとなっていたのだ。
そのとき、突如として9つのスクリーンすべてから強烈な光が放たれ、轟音が響いたという。
その時流れていた内容には、激しい閃光や轟音などの効果は無かったことが、後のキャストからの証言で明らかになった。
ではゲスト全員が、ただの勘違いをしていたのだろうか?

http://irohanihoheto-labo.com/?p=2219

恐怖のミッキーマウスが園内にいる?

ミッキーマウスといえば、ディズニーで一番人気があるアイドル的存在。
そんなミッキーマウスだが、実は園内にもう1人のミッキーマウスが隠れているとの都市伝説がある。
もう1人のミッキーマウスは、風貌が恐ろしく泣く子はもっと泣くと言われるほど、恐怖に満ちているのだとか。
この都市伝説は、無邪気に園内で遊んでいた子供がミッキーマウスを見つけ、興奮気味に近づいたところ、それが恐怖のミッキーマウスだったことから発覚したのだ。
それが下記の画像のものになります。

http://irohanihoheto-labo.com/?p=2222

シンデレラ城にあるイヤリングの謎

ディズニーランドのシンボルといえば、ご存知のシンデレラ城であろう。
入口からすぐに発見でき、どの場所にいてもシンデレラ城は大きな存在感を示している。
そんなディズニーランドには、少し不思議でロマンチックな都市伝説が存在していることをご存知だろうか?
シンデレラ城の近くには、ガラス細工のお店があり1枚の絵がある。
その絵はシンデレラが描かれたものだが、そのシンデレラはイヤリングをつけているのだ。
このイヤリングに願いをかけると、シンデレラがその願いを叶えてくれるのだとか。

http://irohanihoheto-labo.com/?p=2226

並ばなくて乗れる魔法のチケット

祖母と孫娘が2人でディズニーランドへ行ったとき、奇跡のような都市伝説が起きた。
祖母がゴソゴソと取り出したのは、今にも破けてしまいそうなボロボロのチケット。
孫娘が、「それな~に?」と尋ねると、祖母は「魔法のチケットじゃよ」と答えたのだとか。
120分待ちのハニーハントで、祖母がキャストへ魔法のチケットを見せると、キャストは慌てて上司へ連絡。
その後お偉いさんがきて、祖母に向かって小声で「このチケットを保管してくださってありがとうございます。こちらへどうぞ」とハニーハントの入口から案内してくれた。

http://irohanihoheto-labo.com/?p=2235

シンデレラ城とプロメテウス火山は同じ高さ!?

ランドのシンボルであるシンデレラ城とシーのシンボルであるプロメテウス火山は、
実はどちらも高さ51メートルあり、
同じ高さということをご存じでしたか?
厳密に言うと若干プロメテウス火山の方が高いそうです。
その理由は地盤沈下を想定し設計を行ったため、
数センチから数十センチ、プロメテウス火山の方が高い。
将来的にはシンデレラ城と同じ高さになるよう設計されているそうです。

http://irohanihoheto-labo.com/?p=2239

パリ・香港・上海・カルフォルニアにはシンデレラ城が無い

世界各国にあるディズニーランド。
元祖ディズニーランドであるアナハイムと東京は、シンデレラ城がメインシンボルとなっています。
しかしその他のディズニーではシンデレラ城ではなく、別のお城がメインシンボルになっているのです。
パリ・カルフォルニア・香港にある3つのディズニーランドのメインシンボルは「眠れる森の美女の城」(スリーピングキャッスル)。
そして上海ディズニーランドのメインシンボルは、そのどちらでもない「魔法がかかった童話のお城」と全く別のお城なのです。

http://irohanihoheto-labo.com/?p=2242

フロリダのシンデレラ城は泊まることができる!?

フロリダにあるマジックキングダムのシンデレラ城には、
抽選で選ばれた者のみが宿泊することができる
「シンデレラ・スイート」が存在します。
日本人で初めてシンデレラ城に泊まるという夢が叶ったのは、
ある1組の新婚カップル。
景品で当たり夢のような体験を手に入れました。
ハリウッド俳優の中ではトム・クルーズが宿泊したそうですよ。
クイーンズサイズのベッドが二つ、星空を眺めながら入浴できるゴージャスなバスタブ、部屋からはファンタジーランドが望めます。

http://irohanihoheto-labo.com/?p=2244

ディズニーランドの洗面台に鏡を置かない理由とは?

パーク内にあるトイレには実は鏡がありません。
厳密にはありますが、洗面台の正面に置かないよう設計しているそうです。
理由もしっかりあり、ふと鏡を見て現実に戻らないようにするため。
これが本当かどうかはわかりませんが、
実際にパーク内のトイレをチェックしてみると、確かに洗面台の正面にではなく、
少し離れたところに設置されています。
女性トイレではここでメイクを直すゲストをよく見かけますね。

http://irohanihoheto-labo.com/?p=2247

ディズニーランドに時計を置かない理由とは?

パーク内にはほとんど時計が存在しません。
時計を置かない理由は、
時計を目につくところに置いていると、
時間ばかり気にしてしまい、パークを満喫できないと考えたからだそうですよ。
鏡を置かない理由と同じよう、
ゲストがパークでゆっくり満喫して欲しいという願いからなのですね。

http://irohanihoheto-labo.com/?p=2250

ディズニーランドは24時間体制!?

パークを歩いていて床が素晴らしく綺麗だと感じたことはありませんか?
ディズニーにはおよそ600人近くのカストーディアル(清掃キャスト)がいて、
パーク中を常に掃除し綺麗に保ってくれています。
「赤ちゃんがハイハイできる」
レベルまで徹底的にピカピカにするそうですよ。
本格的な床磨きはパーク閉園後、
深夜に大勢のキャストによる清掃が行われているそうです。
パークが清潔であるのは、
24時間常に掃除をしているからなのですね。

http://irohanihoheto-labo.com/?p=2253

ディズニーランドには200匹のノラ猫がいる!?

ディズニーランドのパーク内には、
およそ200匹を超えるノラ猫が黙認されているという噂が。
たしかにパーク内でノラ猫を見たというゲストがたくさんおり、
中には子猫をいっぱい引き連れた母猫も出現しています。
噂ではネズミ駆除のために黙認しているという話があります。
ここで疑問を感じる方も多いのでは?
ディズニーのスターである
「ミッキー・マウス」
のモデルとなったのは確かネズミだったはず!?

http://irohanihoheto-labo.com/?p=2256

ミッキーマウスは1人しか存在しない

ミッキーマウスはアメリカや日本など世界各国で活躍している。
ここで気になるのは、ディズニーランドなどで活動しているミッキーマウスの数だ。
広い園内であるので、何人もミッキーマウスがいてもおかしくはない。
しかし、ディズニーランド内にいるミッキーマウスの数は1人。
つまり同じ人が常にミッキーマウスを演じているというのだ。
それにはこんな都市伝説がある。
ディズニーランドは夢の国と言われている。
そこで過ごす時間が多くの人にとってかけがえの無い素晴らしい時間にして欲しいと願っている。

http://irohanihoheto-labo.com/?p=1370

カップルで行くと別れる?

東京ディズニーランドは、日本屈指のデートスポット。
一度はカップルで行ったことがある、という方も多いのではないでしょうか?
しかし、「ディズニーランドにカップルで行くと別れる」という都市伝説が存在します。
これには具体的な根拠もあります。
それらは以下の通りです。
・待ち時間が多く、疲れて会話が続かなくなる
・アトラクション派とパレード派で意見が別れて嫌な空気に
・頑張ってオシャレしてきた彼女が疲れてしまったところに「なんでそんな靴履いてきたの?」
・ゲストやキャストにかわいい女の子が多く、

http://irohanihoheto-labo.com/?p=2116

シンデレラ城の呪いの指輪

シンデレラ城の壁画に描かれたシンデレラ。
彼女がつけているピアスは、願いをかけることで幸せになれるという
「願いのピアス」。
夢と魔法の国にぴったりなアイテムですね。
こちらは有名ですが、その反対に夫人がつけている「呪いの指輪」というものもあるようです。
呪いの指輪は、他人の不幸な様子を想像しながら願いをかけると、その人に不幸せがやってくるというもの。
不幸な呪いをかけられるのは、あなたかもしれません…。

http://irohanihoheto-labo.com/?p=2119

実は怖いイッツアスモールワールド

子供たちが歌う「小さく平和な世界」をモチーフにしたほのぼのアトラクション。
子どもにまつわる数々の恐怖体験が報告されています。
あるゲストは入り口にいた男の子に帰り際「また来てね」と話しかけられました。
そのゲストは何の気なしに「うん」と答えて手を振って帰ったらしいのですが、何となく気になって調べてみると、多くのゲストがその男の子と遭遇しているようです…
ゲストとして来たにしては多すぎる目撃談、大人が周りにいない、キャストのはずがない…
あの男の子は一体何者だったのか…。
また、

http://irohanihoheto-labo.com/?p=2122

1 2