1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

気になる話題はとことん調べてまとめます。

▼イギリスのシャーロット王女

イギリス王室のウィリアム王子とキャサリン妃の第2子であるシャーロット王女は、現在4歳

現在の女王エリザベス2世の系統においては、祖父チャールズ、父ウィリアム、兄ジョージに次ぐ王位継承権第4位である。これは女性王族では最も上位である。

兄のジョージ、弟のルイの、2人の兄弟がいる。

▼クリスマス礼拝に母・キャサリン妃と共に参列

ロイヤルファミリーと共に、サンドリンガムの聖メアリー・マグダレーン教会でのクリスマス礼拝に参列し、初のクリスマス・ウォークを披露したジョージ王子とシャーロット王女。

ロイヤル一同が教会を後にする際、母のキャサリン妃と手を繋いで現れたシャーロット王女。

▼イギリスでは伝統的なクリスマス・デー・ウォーク

クリスマス・デー・ウォークは長年の伝統となっており、観客が教会に向かうロイヤルファミリーを出迎えて挨拶をするというもの。通常、幼いロイヤルたちは充分な年齢になるまでお留守番をすることが多いが、ジョージ王子とシャーロット王女は6歳と4歳という年齢で早くもデビュー。

ウィリアム王子とヘンリー王子もそれぞれ5歳と4歳の時にこの行事に初めて参加したため、この先例にならったものとみられている(末っ子で現在1歳半のルイ王子が参加するまでには、残念ながらもう少し時間がかかりそう)。

▼集まった人々に可愛らしいお辞儀を披露

キャサリン妃が、義理の祖母エリザベス女王に対し「カーテシー」と呼ばれる礼儀正しいお辞儀をすると、シャーロット王女もすぐにちょこんと同じ振る舞いをし、集まったロイヤルファンたちを感激させた。

いつもはやんちゃなシャーロット王女だけど、カーテシーのやり方にはまだ慣れていないようで、少しタドタドしく挨拶。しかしその慣れない様子がまた可愛いと、ロイヤルファンの心はメロメロになってしまった。

多くの大人に囲まれることとなったシャーロット王女とジョージ王子。2人はいつもより終始硬い表情だったけれど、それはロイヤルファミリーとしての意識が出てきたからだったのかもしれない。

▼今後は兄・ジョージ王子と同じロンドンの学校に入学

この秋王女は兄と同じくロンドンにある私立トーマス・バタシー校に入学し、ある関係者は今年に入って「王女はジョージ王子と一緒に学校に通うのを心から楽しみにしています」と証言していた。

キャサリン妃&ウィリアム王子はシャーロット王女の登校初日に同行し、王女は嬉しそうに同行の校長と挨拶を交わした。その際にも王女は、今回の振る舞いと同様、ほぼ完璧なカーテシーを披露していた。

これから王女はすくすく成長し、近い将来美しい所作でカーテシーを見せてくれるはず。その日が待ち遠しい!

▼ネットでもシャーロット王女の可愛さは話題に♡

シャーロット王女凄く可愛い(*´Д`*) 絵に書いたお人形さんの様!!

シャーロット王女が可愛らしくてメロメロなのはもちろんですが、次世代のファッションリーダーとして、素晴らしいお召し物に眼福でございます

シャーロット王女のミサに行く時の髪型可愛い。明日子にやってみよ

シャーロット王女、見れば見るほどエリザベス女王にそっくりでなんたる貫禄....

1