1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

そもそもなんで大掃除するの??

大掃除とはもともと、お正月に歳神様を迎える準備の意味がありました。

歳神様は初日の出とともに現れ、その年の豊作や幸福をもたらしてくれる神様です。

歳神様をお迎えするにあたり、家中のすすを払う「すす払い」という儀式が、のちの大掃除の原型になりました。

▼大掃除に使える豆知識がこちら

①ゴム手袋にそんな使い方が…

①ゴム手袋をする ②カーペットの表面を手でなでる これだけで いつもの何倍もすばやくゴミが取れますよ♪ 試してみてください。

カーペット掃除の時間短縮に!そのまま手を洗えば、余計なゴミも出さずにすむのでエコですね。

②実はいろいろ使える「歯磨き粉」

卵の殻同様、研磨剤として使えるのが歯磨き粉。歯磨きのついでに、使い古しの歯ブラシを使って蛇口をゴシゴシ磨けば、輝きが復活。

石けんカスや水アカの除去にも効果的だ。そのほか冷蔵庫のドアパッキンについたカビの除去、壁の落書き落とし、壁穴の補修も可。ただし、やりすぎてキズをつけないようご注意を。

③窓のくもりは「炭酸水スプレー」+「濡れ新聞」

窓のくもりは新聞紙で拭けば取れる。これは新聞紙のインクが窓をコーティングするから。

さらに新聞紙で拭く前に炭酸水をスプレーすると、炭酸水の発泡で汚れを浮かすことができ、汚れ落とし効果がアップ。

スプレー後、くしゃくしゃにした濡れ新聞で浮いた汚れを拭き取り、乾いた新聞紙で仕上げ拭きすればOK。

④風呂床を綺麗にする裏ワザ

そんな時は、今話題のオキシ漬けを試してみましょう!コストコで今売れている商品「オキシクリーン」をお風呂の床に使用して放っておくだけで、驚くほど綺麗になります。放っておくだけの掃除方法は嬉しいですよね!

⑤電子レンジ掃除の裏ワザ

そんな時は、水を入れたコップをチンして、水蒸気を壁にあててから掃除してみましょう!汚れがとれやすくなり、掃除時間が大幅短縮されますよ。

⑥排水口のお掃除におすすめ

1 2