1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

旅先の充電設備に油断禁物…留意したい『年末年始特別警戒情報』

イレギュラー対応が増える年末年始に特に注意しておきたい情報です。ジュース・ジャッキングや収れん火災などこの時期特有の警戒が必要です。

更新日: 2019年12月28日

9 お気に入り 10137 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

後悔しないための予備知識です。

nyokikeさん

▼スマホのオアシス「USB充電ステーション」での情報流出に警戒が呼びかけられています

空港などで不特定多数の人が利用するUSB充電ステーションの安全性については以前から議論になっているが、ホリデーシーズンを前に、ロサンゼル当局がその危険性を警告した。充電ポートやケーブルにマルウェアが仕込まれている恐れがあるという。

米放送局「NBC」によれば、この攻撃は「ジュース・ジャッキング」と呼ばれる。充電時に銀行データやパスワードなどの個人情報を盗まれたり、最悪の場合は数分でスマホのすべてのデータがコピーされたりしてしまう。

まず言えるのは、自分のものではないケーブルを使うのは大変危険であることだ。電源プラグと電源ソケットに細工することで、ケーブルから密かに情報を盗まれる危険がある。ケーブルに関しては、2019年に報告された遠隔からハッキングできるOMGケーブルのように、非常に危険なものが報告されている。

また、海外のホテルに泊まる際にベッドサイドのUSBソケットを使ったり、待合室などでケーブルを借りるのは避けた方がいい。飛行機や列車の充電ステーションも、決して安全とは言えないのだ。

・どうすりゃいいんだ…これから旅行に行く人はこんな方法を考えてみて

セキュリティ技術者であり、ハーバード大学のthe Berkman Center for Internet and Societyの特別研究員でもあるBruce Schneierによると、「USBコンドーム」を買えば、USBケーブルからデータピンをカットし、パワーピンだけ有効にして接続し、データの交換を防ぐこともできるそうです。

旅行に出かける際には必ず自分の充電アダプターとケーブルを用意し、公衆USBポートは使わないことにするのが最大の防御策だ。

また、旅行や移動にはモバイルバッテリーを持っていけば、本当に助かることもありそうです。

▼何かと物入りな年末年始…余裕を持ってお金を管理しておこう

金融機関は31日から1月5日まで休みです!!!!!!だからといって30日に駆け込みで来たらダメです!!!!!!やめとけ!!!!!!まじで!!!!!!同じ発想のギリギリでいつも生きてきたやつらとかち合ってろくなことないぞ!!!!!!

入金系(給料)は休業日にかぶれば前日に入るし、出金系(支払い引き落としもろもろ)は翌営業日なので末日落としとか5日落としは6日に!一気に!容赦なく落ちるので!今から残高作っといてくれ頼む!!!!!!!!!!!!!!!!!!日本国民よ!!!!!!!!!!!!頼む!!!!!!やればできる!!!!!!!!!!!!

今回の年末年始は、全国銀行協会(全銀ネットワーク)が金融機関をつないでいるATMネットワークシステムのメンテナンスが、2019年12月31日(火)23時52分~2020年1月4日(土)3時50分に実施されます。この期間は他行のATMでの引き落としや預け入れができなくなったり、振り込みの手続きに注意が必要だったりします。

店舗窓口は、2019年12月31日(火)〜2020年1月5日(日)まで全店休業。

※空港にある店舗の外貨両替窓口は、2019年12月31日(火)〜2020年1月5日(日)も営業する。

店舗窓口は、2019年12月31日(火)〜2020年1月3日(金)は全店休業。

※12月28日(土)・29日(日)は、休日営業店舗のみ営業。ただし、1月4日(土)・1月5日(日)は全店で休業する。

一般営業店は、2019年12月31日(火)〜2020年1月5日(日)まで休業する。

@kinyuuchan 観光地から切実なお願いです!! お年玉用ピン札を持ってそのまま観光地で使おうとしないで下さい!! 金融機関も連休になるので、両替が足りなくなります!! 個人店で数百円の支払いで万札を両替しないで下さい!! 銀行ATM横の「両替機」で5千円札と千円札に両替してから、観光地にお出掛け下さい!!!!!!

@kinyuuchan 蛇足ですけど銀行、郵便局、保険業、不動産業などなどは年明けもかち合って凄まじいです↓ 「正月に子供らが帰省したから、やっと遺産の相談がまとまって相続が始められる。で、旦那名義の財産?さぁ全部だと思うけど?戸籍謄本?この書類に相続人全員の実印?」 同じ理由で世間のお盆明け頃も大混雑。

▼留守にしがちな年末年始…冬場に特に起こりやすい「収れん火災」に御用心

皆様に知って欲しい事があります。 先日、家で火災が発生しました。 僕含め怪我人、病人0だったのが本当に不幸中の幸い… 原因は窓際に置いてたスタンドの鏡(拡大面)に日光が反射し、その光がソファーを燃やしました(収れん火災) 信じられない…冬に起きやすいそうです。 家喪失。皆様もお気をつけて… pic.twitter.com/te4WT0PvHZ

@kamo_kokuchi @nadhirin 猫避けに水入れたペットボトルでもそれが起きるって 一時期話題になってたような… 怪我人がおられず何よりでした

@kamo_kokuchi 六本木ヒルズ森タワーでも同様の火災が数年前にありました。 冬の陽は低い角度でも中まで入りますから、鏡、黒いものには気をつけたいと想います。

@bagleyoda 正にこれです。冬の太陽の角度の事消防隊の方仰ってたので、是非気をつけてください。

東京消防庁の報道発表資料によると、“収れん”とは太陽光が凹面鏡やルーペなどにより反射・屈折して1点に集まること。この現象により可燃物に引火して発生する火事のことを「収れん火災」と言います。

この現象は太陽の高度が低くなり、部屋の奥まで太陽光が差し込む冬場に発生する傾向があるとのこと。

1 2