1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

andbut117さん

ニュース

19/10/17*モンキー125専用リアキャリアの自主改善

メーカーオプションのリヤキャリアに欠陥あり、対応内容は返金。

最高速

燃費

満タン給油してからガス欠になるまでの走行距離324㎞

リッター57km?!(走行時間13時間)
参考URL
前編:https://www.youtube.com/watch?v=jFhO7wqqzx8

※注意※<モンキー125は一人乗り用です>

一人乗り用に設計されています。

プロモーションビデオ

カラーバリエーション

新車価格40万
バイクショップの販売価格35万~

パールデビュアレッド

ABSは+3万円

新車価格40万
バイクショップの販売価格35万~

パールグリッターリングブルー

ABSは+3万円

新車価格40万
バイクショップの販売価格35万~

バナナイエロー

ABSは+3万円

装備

ラウンド形状のコンパクトなヘッドライトにはLEDを採用。ロービーム/ハイビームを囲むように配置されたポジションランプが、モダナイズされたMonkeyの新しい個性を象徴します。

ヘッドライトデザインとの統一感をもたせたテールランプとウインカー。LEDを採用して被視認性の向上を追求するなど、見た目だけでなく機能性にも配慮しました。

小ぶりなケースにシンプルな機能をもたせた反転液晶タイプの単眼メーター。イグニッションON時には“ウインク”でライダーを迎えるアニメーション演出など遊び心も忘れていません。

※写真は機能説明のため任意に点灯したものです。

※スピードの数値がかなり見にくい

厚みのあるクッションで快適な座り心地を追求。タックロールデザインをあしらった座面は面積を広めにとり、ライディングポジションを自由に変えられるよう配慮しています。

コンパクトサイズながら5.6Lの容量を確保。エアプレーンタイプのヒンジ付キャップの採用や、オールドタイプのウイングマークをあしらったエンブレムなど細部にもこだわりました。

フューエルタンク同様、Monkeyらしさを演出するサイドカバー。キー付で書類入れとして使えます。

※実際にはカバー内側に黒いケースがあるだけ。
 この黒いケースをどうやって開けるのか不明
 カバーそのものも、外し方+はめ方が
 わかりにくいので、外す事はおすすめしません

形状・サイズにこだわったクロームメッキガード付アップマフラー

スタイリッシュなY字スポークデザインのアルミキャストホイール

Monkeyらしさ”のポイントになっている12インチの極太タイヤ

倒立式のフロントフォーク&ツインリアショック

フロントには2ポッドキャリパーを!リアにはシングルポッドキャリパーを組み合わせたディスクブレーキを採用

モンキー125〈ABS〉には、フロントのみが作動するABSを装備

かなり見やすいです。

夜もこんな感じですが、昼間は見にくいです。

1 2