1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

紅白では歌いません…でも、米津玄師作品がお茶の間を賑わせてる件

嵐「カイト」、 Foorin(フーリン)「パプリカ」、菅田将暉「まちがいさがし」は米津玄師作品。

更新日: 2019年12月31日

8 お気に入り 22352 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ラガモさん

今年の紅白では歌いませんと宣言した

紅白歌合戦、カイトに纏わるVTR出演のみで歌唱はありませんがよろしくお願いします。楽曲制作で関わらせてもらったFoorin、菅田くん、嵐の皆さんを応援してます。よい年末になりますよーに。

シンガー・ソングライターの米津玄師が30日、自身のツイッターを更新し、大みそかのNHK紅白歌合戦で歌わないことを改めて明言した

「馬と鹿」は、ラグビーをモチーフにした日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』の主題歌として米津玄師が書き下ろした楽曲。

ラグビーワールドカップの盛り上がりと共に、試合後やラグビー関連のニュースで度々使用されてきた。

その代わり、他者への提供楽曲が年末お茶の間を賑わせそうです

他者への提供楽曲には、より歌いやすく親しみやすい、米津さんの楽曲の持つメロディやリズムの「人懐っこさ」が表れているような気がします。

Foorin『パプリカ』は、「日本レコード大賞」を受賞

米津玄師が作詞・作曲・プロデュースした同曲は、NHK2020応援ソングプロジェクトの「未来に向かって頑張っているすべての人を応援する歌」として、昨年7月に発表。

【栄冠】Foorin『パプリカ』が「日本レコード大賞」を受賞 news.livedoor.com/article/detail… 小中学生5人組ユニット・Foorinがレコード大賞を受賞。平均年齢11.2歳での受賞は史上最年少の快挙となる。 pic.twitter.com/K3zzQMIuMj

年末恒例の『第61回日本レコード大賞』(主催:日本作曲家協会)の授賞式が30日、東京・新国立劇場で行われ、

優秀作品賞にノミネートされた10組の中からFoorin「パプリカ」が大賞に選ばれた。

紅組のトップを飾る同グループは、全国を席巻中の「パプリカ -紅白スペシャルバージョン-」を、インターナショナルメンバーのTeam Eとともに披露する。

菅田将暉は米津に提供された渾身の楽曲を紅白でパフォーマンス

“まちがいさがし”は、ピアノと歌だけで始まり、1番のサビからストリングスとバンドが入るシンプルなバラード。

米津が、菅田の歌声をさらに音楽シーンのど真ん中で響かせるために満を持して菅田のために制作し、提供した渾身の楽曲

2017年にソロ歌手デビューを果たし、今年紅白初出場。米津玄師が楽曲提供した「まちがいさがし」をパフォーマンスする。

嵐も米津玄師の作詞作曲による「カイト」を紅白で初披露

「カイト」は、NHKが東京2020オリンピック・パラリンピック開催年の2020年に若い世代を応援する「NHK2020ソング」。

レコーディングは米津のディレクションで行われ、等身大の6人が共に思いを分かち合いながら生まれたという。

そんな米津玄師の活躍にファンからは、さまざまな声が

1 2