1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

怖すぎる…。中国、謎の感染症で肺炎の発症が相次いでるらしい

中国で謎の感染症で肺炎を発症している患者が多数出ているとのニュースが入ってきました。

更新日: 2019年12月31日

15 お気に入り 56335 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■中国で謎の感染症が相次いでる

新型肺炎コロナウイルスが原因であるSARS(重傷急性呼吸器症候群)による感染が疑われ、すでに7例の患者が確認

中国政府は31日、感染状況を把握するため、専門家チームを現場に派遣した。中国メディアが31日伝えた

■原因のウイルスが不明というのが恐ろしい

新型肺炎コロナウイルス(SARS)による感染が疑われ、すでに7例の患者が確認された

中国のインターネット上では、2003年に大流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)が発生したとの情報が出回ったが、当局は「現時点で原因は不明」と否定

病院は患者の隔離措置を取った。武漢市当局はウイルスの特定を急いでおり、原因が判明すれば公表するとしている

■2003年に流行したSARSとは?

SARSコロナウイルス (SARS coronavirus; SARS-CoV) によって引き起こされるウイルス性の呼吸器感染症

SARSの起源、感染経路、病原性、不顕性感染の有無、病態生理、季節的流行の可能性など、依然として不明な点が多い

■ネット上には不安が広がっている

大丈夫やろか… 中国で原因不明の肺炎患者相次ぐ 武漢で27人発症、政府が調査 (共同通信) - LINE NEWS news.line.me/articles/oa-rp… #linenews @news_line_meから

中国で原因不明の肺炎ってニュースが気になるな SARSが脳裏に浮かぶ…

嫌な予感しかしねぇ… 中国で原因不明の肺炎 政府が調査、ウイルス特定急ぐ sankei.com/world/news/191… @Sankei_newsから

■中国では今年11月にも「肺ペスト」で感染パニックが

中国でこのほど2人が肺ペストと診断され、北京の病院で治療を受けている。当局が12日に明らかにした

北京の施設に隔離されたことが明らかになった。しかし感染の経路やタイミングがはっきりしておらず、北京の住民はパニック状態に

北京で治療を受けており、1人が重体と報じられている。肺ペストは飛沫感染などで人から人へ広がる可能性が

■極めて毒性が高い危険な感染症

肺ペストは一般的な腺ペストよりも危険性が高い。WHOによると、「ペストの中で最も悪性の形態」

肺ペストは、人から人へ飛沫を経由して伝染し、しかも非常に伝染力の強い細菌です。感染した人は72時間以内に死亡する場合が多い

中世の欧州ではペストの流行で5000万人が死亡した。その後抗生剤が開発され、早期に治療を受ければほとんどは回復が見込めるようになった。それでもペストが消えることはなく、ここ数年は再び台頭する傾向に

1 2