1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

横浜流星から小松菜奈まで!2020年は「年男・年女」が活躍しそうな件

2020年の今年、子年生まれの「年男・年女」(1996年)には主役級がずらり。さらなる活躍が期待できそう。横浜流星、新田真剣佑、高杉真宙、池田エライザ、小松菜奈など。

更新日: 2020年01月06日

6 お気に入り 12456 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆横浜流星

「Yahoo!検索大賞2019」で「今年の顔」として大賞に輝いた俳優の横浜流星(よこはま・りゅうせい)さん。また、横浜さんは他にもORICON NEWS「2019年ブレイク俳優ランキング」1位、「2019テレビCMブレイクランキング」1位など、数々の賞を獲得。

1月に放送されたドラマ「初めて恋をした日に読む話」の“ゆりゆり”こと由利匡平役で一躍話題に。ブレイクの勢いそのままに、ドラマ「あなたの番です-反撃編-」の“どーやん”こと二階堂忍役やドラマ「4分間のマリーゴールド」の花巻藍役など多くの作品に出演。

2019年

2020年1月期日本テレビ系ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」に清野菜名とW主演することが決定し、2020年秋には吉高由里子とW主演を務める映画「きみの瞳が問いかけている」が公開予定。

◆新田真剣佑

新田真剣佑の1st写真集『UP THE ROAD』が、『オリコン年間BOOKランキング 2019』のジャンル別「写真集」で10位にランクイン。今期の「男性写真集」1位となり、男性唯一のTOP10入りを果たした。

『ちはやふる』にて日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、『十二人の死にたい子どもたち』『カイジ ファイナルゲーム』などその確かな演技力で話題作への出演が絶えない俳優・新田真剣佑と北村匠海のW主演で贈る、映画『サヨナラまでの30分』が、2020年に公開。

新田真剣佑を主演に迎え、集英社「週刊ヤングジャンプ」で連載された「群青戦記 グンジョーセンキ」を『ブレイブ ‐群青戦記‐』として映画化。映画単独初主演となる新田。

2021年公開

◆高杉真宙

17、18、19年には3年連続で5本の映画出演を果たし、主演の『ギャングース』(18)でのはっちゃけた演技や『十二人の死にたい子どもたち』(19)での冷静沈着な高校生など様々なタイプの役どころで存在感を見せつけている。

ドラマ「サギデカ」(NHK)で不幸な生い立ちを払いのけるように、詐欺グループの「かけ子」こと実行犯担当になった加地颯人を演じた高杉真宙。吉岡里帆主演映画『見えない目撃者』でも、犯人を捜索する高校生のスケボー少年・春馬を好演。

2019年

2003年よりWEBで連載されているコンテンツ「前田建設ファンタジー営業部」の映画化で主演を務める。

2020年公開

◆池田エライザ

1996年4月16日生まれ

映画「貞子」では主演に抜擢され、新たな貞子ワールドを熱演。2019年秋ドラマでは「左ききのエレン」でも主演を務めています。

2019年公開

中谷美紀、池田エライザ共演による完全オリジナルドラマ「FOLLOWERS」は、2020年初頭に全世界190カ国に向けて独占配信される、新たなNetflixオリジナルシリーズ。

2月27日配信

◆小松菜奈

スクリーンで圧倒的な存在感を放つ女優・小松菜奈。そのキャリアを振り返ると、4本のドラマ出演に対し映画は17本と、同世代の女優のなかでも飛びぬけて映画への出演を重視。

異色時代劇『サムライマラソン』では男装のお姫さま、音楽ロードムービー『さよならくちびる』ではインディーズ系アーティスト、『閉鎖病棟 ―それぞれの朝―』ではDVで苦しむ女子高生と、多彩な役を演じた。

2019年

1 2