1. まとめトップ
  2. 雑学

知らなかった…正月三が日に「やってはいけないこと」とは?

お正月にやってはいけないことがあるって知ってた?

更新日: 2020年01月01日

90 お気に入り 285223 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

stoneflowerさん

▼いよいよ2020年がスタート!

1年の始まりであるお正月。1月1日の朝を「元旦」と呼び、1月1日を「元日」と呼びます。本来お正月とは1月全体を指しますが、今は特に三が日をお正月と呼ぶようになりました

□でも、お正月にやってはいけないことがあるって知ってた??

・「おせちの品数や切り方が偶数」

毎年、詰め込んでるときにあと一品あればいいのに。しかも偶数だし。とか思う。おせちに計画性重要(-_-;)

おせちは偶数が縁起悪いということで、だいたい三切れとか3つずつ盛り付けてたんですが 身斬れで良くないと… じゃあ1となると人斬れ\(^o^)/ もちろん4もダメなので最低5切れからですよ無理 もう切りがないので偶数だけ回避します そもそも買っただけでまだ支度してないんですけどね

おせちの目的は「お祝いの食事を神様と一緒にいただくこと」

日本では古来、3・5・7・9の奇数が吉数とされてきた。一方、偶数は割り切れることから、別れる、死に別れる、縁が切れることにつながると考えられ、不吉とされてきた

おせちは本来、五段または与段(四段)重ねの重箱でいただくのが本流。重箱には「福を重ねる」や「めでたさが重なる」などの意味

・「掃除」

寝食を忘れて掃除に没頭してました正月に掃除はNGってこと、さっき知った…

お正月には歳神(としがみ)様という神様が、福を持って家を訪ねてきてくれます。それなのに掃除をして追い払うなんて、もってのほか

キッチン、バス、トイレの掃除、そして洗濯も神様を水で洗い流すことになるので縁起が悪いのです。水仕事全般がタブーにあたります

・「料理(灰汁を出すこと)」

本当は正月から火を使う家事をするのはNGなんだが。 (御節のような日持ちする食べ物を作っておいて、三が日食べる風習は、かまどの火の神様を休ませる意味もあった)

前もっておせち料理を作り、火を使わず食べられるものを準備する

お正月は刃物を使ってはいけないとする地域がある。刃物はものを切る為のものだから、良いご縁まで切ってしまうのを恐れた

お正月は包丁やナイフなど、刃のあるものを使うのもNG。「良縁を切る」という意味や、「刃物で手を切って三が日に怪我をしないように」など様々な意味があるとされています

・「元旦にさい銭以外のお金を使う」

明けましておめでとうございます㊗️ 元旦にお金を使うのはNGらしいので、家でまったり過ごします

1 2