1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

【真夜中の美術館】人類の歴史を一夜の夢として描く。時代、場所、人物名、事件名を一切書かず。不治の病、伝染病、想像を絶する苦しみの後、一夜にして死ぬ、"人間"に犯された男の娘の悪夢として。

koitate2016さん

思えば人というものは、不思議なものじゃ。解すべからざるものをも解し、文に書かれぬものをも読み、乱れて収められぬものをも収めて、終には永遠の闇の中に路を尋ねて行くと見える。

出典痴人と死と

フリードリヒ・フォン・シラーを記述したら、この方も記述しないと。
チョコレートフォンデュは、見てるだけでも、胸焼けがする。
甘いもの好きにとっては、天国なんでしょうね。私は駄目だった。

フーゴ・フォン・ホーフマンスタール、オーストリアの詩人兼作家です。
日本では、リヒャルト・シュトラウスのオペラの原作者としての方が知られていると思います。
薔薇の騎士、影のない女は、リヒャルト・シュトラウスのオペラでも、有名な作品です。
青空文庫でも、いくつか読めますので、良かったら読んでどうぞ。
なお、ティツィアーノの死 は、ルネサンス期に活躍した、ティツィアーノ・ヴェチェッリオを題材にした作品です。
ウルビーノのヴィーナスの方と言えば、えっちな皆様は、当然お分かりになられると思います。
真面目な奴が、こんなおちんちんうんこページを見るわけないだろ!いい加減にしろ!

1