1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

吉川愛から富田望生まで!2020年の実力派「新成人」女優たち

2020年の新成人(1999年4月2日~2000年4月1日生まれ)には実力派の女優・俳優が多数。永野芽郁、久保田紗友、上白石萌歌、富田望生、吉川愛ほか。

更新日: 2020年01月28日

5 お気に入り 11787 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆永野芽郁

小学校時代に芸能界入りし、ファッション誌『ニコ☆プチ』『nicola』のレギュラーモデルとして活動。2015年の映画『俺物語!!』でヒロイン役に抜擢。翌年の『こえ恋』でTVドラマ初主演。

2019年は、ドラマ「3年A組-今からは皆さんは、人質です-」(日本テレビ系)や映画「君は月夜に光り輝く」など話題作に出演。映画「二ノ国」では初めてアニメ声優に挑戦。また、2020年3月にはヒロインを務める映画「仮面病棟」の公開も控えている。

◆久保田紗友

2000年1月18日生まれ

2012年に女優発掘オーディション〈アクトレース〉から選ばれたメンバーで結成した劇団ハーベストに参加。翌年にドラマ『神様のイタズラ』の主演に抜擢、主題歌も担当。

2017年にはドラマ『ぺっぴんさん』『過保護のカホコ』、長編映画初主演作『ハローグッバイ』など、2018年にはドラマ『この世界の片隅に』でも注目される。

2020年1月24日(金)に公開される新田真剣佑、北村匠海がW主演を務める映画「サヨナラまでの30分」ではヒロイン役に抜てきされる。

◆上白石萌歌

2000年2月28日生まれ

2011年、第7回「東宝シンデレラオーディション」で史上最年少の10歳にしてグランプリを受賞し、審査員特別賞を受賞した姉の上白石萌音とともに芸能界入り。

ドラマ「義母と娘のブルース」や「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」で話題を集め、瑞々しい魅力と確かな演技力で注目を浴びる。

2018-2019年

「義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル」放送
ドラマ「僕はどこから」に出演
ドラマ「ファーストラヴ」に出演
映画『子供はわかってあげない』に主演

2020年

◆富田望生

2000年2月25日生まれ

15年、映画『ソロモンの偽証』で映画初出演。主要キャストの浅井松子役に選ばれる。その後も17年の映画『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』、18年の『SUNNY 強い気持ち・強い愛』といった話題作のメインキャストに抜擢。

『3年A組』でスーパー前向きな女子高生・魚住華役を熱演。以降、NHK連続テレビ小説『なつぞら』に出演し、情報・バラエティー番組『ヒルナンデス』のシーズンレギュラーを務めるなど、知名度は全国区へ。

2019年

2020年
01月04日,05日 フジテレビ開局60周年企画「教場」枝元佑奈 役
01月〜03月 MBS「ホームルーム」丸山のぶ代役

◆吉川愛

1999年10月28日生まれ

5歳のときのコカ・コーラ「爽健美茶」のCMでデビュー。2009年「メイちゃんの執事」、2012年「リーガル・ハイ」、2013年のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」など数々の話題作で活躍する。

月9「シャーロック」や、「ボイス 110緊急指令室」「緊急取調室」第3シーズン、「インハンド」など、記憶に残るゲスト出演ほか、横浜流星が大ブレイクするきっかけとなった「初めて恋をした日に読む話」の“エトミカ”江藤美香役でもお馴染み。

2019年

上白石萌音と佐藤健が共演する新火曜ドラマ「恋はつづくよどこまでも」にて、上白石さん演じる新人ナースの同期でライバルとなる役柄を演じる。

2020年1月期

1 2