1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

見やすい?狭い?..完成した新国立競技場の色々な評判

東京オリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場が完成。サッカー天皇杯決勝の舞台となり、実際に観戦した人達の評判をまとめてみました。

更新日: 2020年01月03日

3 お気に入り 24912 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tokiokakeruさん

★ついに完成した新国立競技場

11月30日、Tokyo2020(東京五輪・パラリンピック)のメインスタジアムとなる新国立競技場(オリンピックスタジアム)が完成した。新国立競技場は地上5階、地下2階の高さを持ち、約6万人を収容(東京2020大会開催時は6.8万人収容)。

2016年12月に着工し、2019年11月に竣工。2019年12月21日に施設の開場式(オープニングイベント)を開催すると共に、日本スポーツ振興センターより2019年7月3日に開場後の名称が『国立競技場』となることが発表された。

木材を前面に出したデザインは、建築家・隈研吾さんによるもの。
「杜(もり)のスタジアム」というコンセプトを基に、自然との調和を意識したデザインが随所にちりばめられている。

生まれ変わった国立競技場。
その最初のスポーツ公式戦として、サッカーの天皇杯決勝が行われた。

舞台は“新国立”こと東京五輪へ向けて建て替えられた国立競技場だ。生まれ変わった3階席までのスタンドは満員のサポーターで埋められ、神戸と鹿島の熱戦を見守った。

★プレーした選手の評判は悪くないようです

優勝した神戸のFWポドルスキは「素晴らしい雰囲気で、素晴らしい新しいスタジアムで、新年のスタートを切れた。素晴らしい気持ちです」とコメントする。タイトル獲得の高揚感も相まって、笑顔がたえなかった。

DF酒井高は「見た通りすごく新しい感じがする。ロッカールームとかすごく『和』の感じがする」と語り、

「スタジアムの雰囲気は少し、スタンドのいろが違うとか、思っているより実際に中で立ってみると広く感じるというか。ちょっと感覚としては不思議な感覚でプレーした」とコメント。

芝生については「国際Aマッチという感じの芝。海外っぽいっちゃ海外っぽいけど、国際Aマッチって感じの芝。感覚でね」と独特の表現。それでも「これだけ綺麗にボールが転がってくれて、河川敷でサッカーやるわけじゃないんだし、これで文句言っていてもしょうがない。これ以上の環境はない」と高評価だったようだ。

五輪で開閉会式と陸上を実施する新しい国立競技場では初めてのテストとなり、関係者は「5万7597人の来場者が訪れた中、致命的な大きな話は今のところない」と一定の手応えを口にしたが。

昨秋に完成したばかりの新しい国立競技場でスポーツの公式戦が開かれるのは、この試合が初めて。観戦したファンらは、足を踏み入れての印象をツイッターなどで発信した。

★案外見やすいという声が多いようです

新国立競技場。3階席は高さがあって見やすい。しかし席がブロックごとに仕切られていて、たどり着くのが困難です… pic.twitter.com/bLPnanTkK1

新国立競技場レポ バックスタンドはマジで最高。正直言ってノエスタより上かな、前の列との段差がめっちゃあって前の人の頭が俺の膝あたりやからピッチが全部見渡せる。背伸びとか立ち上がらんでも楽しめる。 この動画見てくれたらわかると思うけどめっちゃ見やすい #新国立競技場 #評価 pic.twitter.com/uU3m9P7TSK

新国立 最上段からの眺め。ピッチは見やすい。背後は本当に外。12倍防振なら天皇杯をおずおずと掲げる三木谷会長の姿もばっちり見えた pic.twitter.com/4wBWSxXbRr

新国立、悪くないという声も案外あるね。どこもそうだけど場所によってという事か。傾斜があるから上の方は結構見やすいみたい。ただ絶賛する声は全くないね。

1 2