1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

直径1m越え…世界最大の花「ラフレシア」がヤバすぎる

世界には不思議な植物があるんですねぇ…

更新日: 2020年01月04日

8 お気に入り 13889 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■「ラフレシア」の最大個体が発見された

【巨大】ラフレシア、過去最大「111cm」の個体を発見 インドネシア news.livedoor.com/article/detail… 見つかったのは直径111㎝のラフレシア・トゥアンムデ。この花はわずか1週間ほど開花した後、枯れてしまうそう。 pic.twitter.com/ucfhgyyqHM

ラフレシアの一種ラフレシア・トゥアンムデでこれまでに見つかった中で最大の個体が、インドネシア・西スマトラ州で発見された。

発見した環境保護団体の職員によると、今回見つかった花の直径は111㎝で、数年前に同州で見つかった花の107㎝を上回ったという。

■ラフレシアとは

東南アジアに分布する全寄生植物

マレーシア半島、フィリピン、スマトラ島、ボルネオ島など東南アジアに分布。

十数種が存在

ブドウ科植物の根に寄生する「全寄生植物」で、茎・根・葉はなく、寄生組織から直接多肉質の巨大な赤い花を咲かせる。

悪臭を放つ世界最大の花が特徴

中でもラフレシア・アルノルディイの花は直径90cm程にも達し、「世界最大の花」として有名。

この花は開花から約3~7日ほどで枯れてしまうほか、汲み取り便所の臭いに喩えられる腐臭を発する。

ポケモンのラフレシアはかわいいけど本物の植物の方のラフレシアはおぞましいな

もうラフレシアって聞いたらポケモンよりF91になってきてる私

小学1年生の頃、ラフレシアは人間を食うって噂が広まって、信じてたな~ 図鑑開くのが怖かった思い出… クラスに何人かいる頭の良い奴らが、面白半分で広めたんやろな。ムカつくわ~ハカセなガキ。

■ちなみに、そんなラフレシアと世界一の座を争う植物もある

「ショクダイオオコンニャク」

■特徴

こちらも世界最大の花を咲かせる

花序の構造は、「付属体」と呼ばれる長い棒状の器官とそれを取り囲む「仏炎苞(ぶつえんほう)」からなる。

巨大なものは付属体が3mに伸び、仏炎苞の直径が1m以上に広がるため「世界最大の花」といわれる。

開花期間が短い、強烈な悪臭を放つ点も同じ

また、花粉を媒介する昆虫を誘うために腐った肉のような強烈な臭いを放つため、「死体花」とも呼ばれる。

1 2