1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ
40 お気に入り 10466 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

stoneflowerさん

▼お正月…家ですきやきを食べる家庭も多いですよね

年末年始は家族や親しい人が集まる機会が多いもの
そんなときに食卓に上るメニューの代表といえば「すき焼き」

すき焼きやって正月を〆よう。って事で肉を買いにくっ

□家庭でおいしく作るすきやきのコツ♪

・最大のポイントは「割り下」

「しょうゆ:みりん:砂糖:水=3:1:1:6」3~4人前なら、しょうゆ180ml、みりん 60ml、砂糖 60g、水 360ml。これらを小鍋に入れて軽く煮立たせ、アクを取ります。煮立たせる時間は、みりんのアルコールが飛ぶ程度でオッケー。粗熱が取れたら、保存容器に移して冷蔵庫でひと晩寝かせると、カドがとれてまろやかな味わいに

あらかじめ作っておいた割り下で具材を煮込むのが関東スタイル。関西では割り下は使わず、焼いた肉が入った鍋に醤油と砂糖をじかに入れ、そこに具材とお酒や水を足していきます。
関西では「焼き」の要素が強く、作りながら味を調整するのが特徴

今日実家で作った、割り下の比率にこだわったわたし特製すき焼き୧(๑•̀ㅁ•́๑)૭✧* 奮発してちょっと高いお肉を買ったのだけど、やわらかくてとてもおいしかった~満足満腹な夜ご飯でしたっ( ´›ω‹` )♡゛ pic.twitter.com/UCXjSZEBlt

今日は〜 すき焼き定食でぼっち飯〜‼️ 安もんの肉やけど、黄金比率の割り下で煮込めば…旨いどぉ〜 #晩ごはん #男料理 #すき焼き #美味しい #すき焼き定食 pic.twitter.com/I9i63vq8Q6

・アクはしっかり取ること

アクを手前から押すように集め寄せ、すくい取ります。アク取り用のボウルに移す時はゆっくりと水平にお玉を落としアクだけ取り除く

・白滝のアク抜きも忘れずに

すき焼きなど、お肉が入った料理で使う場合は、アク抜きをしておかないと、せっかくのお肉が固くなってしまうので気をつけましょう

アク抜きした後でもうひと手間かけてみましょう。水切りしたしらたきを鍋に入れて乾炒りして水分を完全に蒸発させます。水分をとばすことで調味料の味がしみこみやすくなり、よりおいしい仕上がりに

・「ネギ」と「春菊」の切り方も大きなポイント!

材料を入れる順番は、火の通りや味のしみ込みが遅いものから。
葉物は色が変わってしまうので、最後に入れましょう

1 2