1. まとめトップ
  2. おもしろ

『そんなモノが存在するとは?!』ってなるTwitter報告が興味深い

Twitterには様々な情報が溢れていますが、思わず「この世にそんなモノが存在するとは!?」って声が出そうな報告を様々なジャンルから紹介します。

更新日: 2020年01月05日

48 お気に入り 195732 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Twitterユーザーの皆さんが報告した「そんなモノが存在するとは!?」って感じさせるインパクトが高い投稿をまとめました。

justastarterさん

◆そんな『書籍』が存在するとは?! その①

新年早々とんでもない本と出会ってしまった。動物の骨格を人体で表すとどうなるか?ってのが載ってるんだけどツッコミどころ多すぎて草。毎回「完成!」ってとこで笑っちゃう。 pic.twitter.com/RjrbwOVfMU

@khaleda_amin @nanasemeron 表情が無な所が、また笑いを増幅させますね(笑) 朝から腹筋鍛えれました!ありがとうございます(⌒‐⌒)

◆そんな『書籍』が存在するとは?! その②

この本すげえ。人体構造の簡略化からの理解を図説してるんだけど、多分作者が元々解剖学を深く理解した上で描いてるから簡略化がメチャ合理的で納得行く。パク・リノ著「お絵描きチュートリアル」。「ソッカの美術解剖学」と合わせて読みたい pic.twitter.com/56klat3KVf

どの部位から描き始めるか、どう進めるかを省略しないから、ありがちな「ね、簡単でしょ?」が発生しない!やべーこれマジで良い本だ pic.twitter.com/7sIp6c32ml

◆そんな『掛け軸』が存在したとは!?

実家のお宝、80年前のサンタ掛け軸!戦時中は飾るの禁止だったそう。どてらを着てるのが特に最高❤️ pic.twitter.com/JUKVpuUDav

@nuQ_artworks @tocko0507 初めて見ました。和風サンタ♪♪ 悪どい感がにじみ…いや太った仙人…いやいや良いお顔をされてますね。 似た服をえらんだのでしょう。流石日本。自分流に取り入れるのが上手い。

@hironbo1310 @nuQ_artworks アメリカの新聞広告だか雑誌広告に赤い衣装のサンタが現れたのが確か1930年代のことだったと思うので、 80年前とゆーことならちょうどパブリックイメージとして定着し始めの頃、ってことになりますね。 今ほど流通や情報の伝播速度が発達してない当時で、既に日本にも普及していたのは驚きです。

@nuQ_artworks @kabutociti サンタクロースの掛け軸とは日本的で面白いです。昔の日本ではお正月に福の神がくるとして、冬至の頃から福神の掛け軸をかけて鏡餅を供えました。だいたい松の内くらいまでの行事でそれがお年玉です。24日にサンタさんが来るというのは元々日本人に受け入れられやすい発想だったのかもと思いました。

◆そんな『カフェ』が存在するとは!?

ただいま家族で旅行中♬ ホテルの中でゆったりするつもりで、カフェにやってきたんですが… 床が砂場になってるぅぅぅうううううーーーーーーーーΣ(゚Д゚)丿丿 マジか!? この発想すげぇーーー‼ しかも裸足推奨だけあって、めっちゃくちゃ砂が気持ちええ 姫より俺が興奮中(・∀・) pic.twitter.com/5MIdo2Vi6C

@REAL_1978_TS 素敵な家族旅行ですねソラノビーチ、非日常感に浸れるのでわたしも大好きです✨その季節ならではのイベントもよく開催されているのでまた機会があればぜひ…

◆そんな『公立高校の校舎』が存在したとは?!

全国公立進学校 イキり校舎ランキング 1位 左上 基町高校(広島) 2位 右上 金沢二水高校(石川) 3位 左下 三田祥雲館高校(兵庫) 4位 右下 堀川高校(京都) pic.twitter.com/xuT5qp6A8M

◆そんな『お菓子』が存在したとは!? その①

これ食べていたら気が狂い始めてティッシュ食べだしたと勘違いされた pic.twitter.com/bYAopmrhVY

1 2 3