1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

近年、日本では・・・

厚生労働省 平成29年(2017)人口動態統計によると、日本の離婚件数は年間21万2262件となっている。

いわゆるシングルマザー、シングルファーザーの「ひとり親世帯」は過去約20年で約1.5倍に増えています

こうした状況の中・・・

日本では現在離婚率が上がり、母子家庭や父子家庭といったひとり親家庭が増えています。

その中でも問題となっているのが、母子家庭、いわゆるシングルマザーの貧困率の高さです。

具体的に見てみると・・・

2016年度の「平成28年度全国ひとり親世帯等調査」の結果から、日本ではひとり親世帯の貧困率が高いことがわかります。

相対的貧困率が全体で15.6%だったことに比べ、大人が1人の「子どもがいる現役世帯」では50.8%と半数を超えています。

特に、母子世帯の現実は厳しい

母子世帯は平均年間収入が243万円、父子世帯は420万円と母子世帯の収入が少ない。母子世帯は就業者のうちパートやアルバイトなどが43.8%(父子世帯は6.4%)である

とにかくお金が足りない・・・

「普段の食事は、ホットケーキの粉を水だけで溶いて焼いたものだったり、乾麺タイプのうどんを茹でたりしたものが中心です」

「ご飯は二日に一回2合炊いて、2人の子供に食べさせ、残ったら自分も食べるという感じですね。調味料を買うおカネがないので、ケチャップやマヨネーズ、ソースなどはここ4年で一度しか買ったことがありません」

「時々野菜に、スーパーでもらったドレッシングなんかをかけると、調味料のない薄い味に慣れているからか、子供が『カラい』と顔を歪めますね。とにかく、子供におなかいっぱい食べさせてあげたい……それが一番の望みです」

そんな中、前澤友作氏が

前澤氏のツイートに、お金がないため病院に行けず子供を亡くしてしまったシングルマザーを話題に出し「こういう人に100万円あげてほしい」という意見が出た。

#前澤お年玉 関係なく、日本で120万世帯以上といわれるシングルマザーの皆さんの可能性に僕は注目しています。チャンスや時間がないだけで、やるときやってくれる肝っ玉座った母ちゃんパワーは絶大かと。日本の貧困問題、少子化問題にとっても、そんな母ちゃんパワーが活かされる社会にしないと

前澤氏は、「チャンスや時間がないだけで、やるときやってくれる肝っ玉座った母ちゃんのパワーは絶大」と考えているようだ。

SNSでは様々な意見が

1 2