1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●プレミア12で世界一に輝いた「侍ジャパン」

昨年11月のプレミア12で世界一に輝いた稲葉篤紀監督率いる侍ジャパンは、3位に終わった04年アテネ大会以来のメダル獲りに挑戦。

●さらに今年は、日本野球にとって12年ぶりの「オリンピックイヤー」

●しかし近年「野球離れ」が深刻化している?

しかし、正式競技とはいえ、東京五輪の「野球競技」は、規模的にも内容でも他の競技に比べてかなり見劣りがする。

・日本では、野球少年の減少に歯止めがかからない状況に?

【課題】「野球離れ」が加速、少年野球人口は10年で2/3以下に news.livedoor.com/lite/article_d… 原因は、遊び場の減少、親の負担の増加、「昭和の体質」が抜けない野球のイメージ悪化などが考えられるという。各団体が対策を行っているが連携しておらず、中々進んでいないのが現状だそう。 pic.twitter.com/fe5sXiAU90

●ネットでは、このニュースに様々な声が上がっている

野球離れというか、アメリカだけではないという時代背景というか、情報化というか。

野球離れはしょうがない話だと思う。 ただ、危険だの野蛮だの言ってる輩が多いけど、少なくとも自分や他の友達にもやっていて良かった!って思っている人がいるわけだから、そういう意見言っている人は可哀想… 子供にさせたくない!とかいっている人も多いけど、そういう親に生ま(文字数 #野球離れ

野球離れ…。他にスポーツ沢山あるんだもの、最初から離れてなくね?と思いつつも、競技人口が増えるかは「楽しいか否か」に尽きると思う。とんでもない部員数の強豪校、スタメンベンチ応援問わず、卒業後も続ける子は一体何人いるだろうか。本人も周りも、負担を強いられてばっかじゃ続かないよ。

野球離れ⚾️って 公園はボール禁止って看板があるし、気軽に野球できる場所がないんじゃ。 本格的にやるにも用具も揃えなきゃ行けないから、親の経済力も関係あるかと。 これはどのスポーツもそうだけど。

急激な「野球離れ」で球界が直面する厳しい未来 toyokeizai.net/articles/-/321… #東洋経済オンライン @Toyokeizaiさんから うちの地域でも少年野球人口が減少。我々で何とかしようと野球経験者が立ち上がったようですが、「気合だ!」「根性だ!」「走れ!」で野球をやってきた人たちが先導しても無駄。

ここ数年ペナントレースはまともに観ていない。なんか冷めてしまった。 急激な「野球離れ」で球界が直面する厳しい未来 「野球離れ元年」から10年、2020年は節目の年に | 日本野球の今そこにある危機 - 東洋経済オンライン toyokeizai.net/articles/-/321… #東洋経済オンライン @Toyokeizaiより

・一方でこんな声も‥

野球好きだから野球離れしてほしくないな〜〜〜〜やだ〜〜〜〜〜

野球離れが加速してるのは、まぁ仕方ないんかな。 でも自分としては悲しい……

1 2