1. まとめトップ

占い好き集まれ!2020年のおとめ座の運勢をまとめてみました!

2020年はどんな年になるのだろう・・・と漠然と不安が込み上げたとき、ついつい見てしまうのが占い。今回は2020年のおとめ座の運勢をまとめてみました。どんな年になるのか早速チェックしていきましょう!

更新日: 2020年01月05日

2 お気に入り 1996 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

moodnさん

おとめ座とは?

乙女座(おとめざ)は、8月23日~9月22日までに生まれた方が該当します。

乙女座の前後は、8月22日生まれまでが獅子座(ししざ)、9月23日生まれからが天秤座(てんびんざ)です。

おとめ座の基本性格

乙女座は12星座の中で、数えて6番目の星座です。正式名称は処女宮(しょじょきゅう)で、方角は「西北西」、カラーは「水色」を司ります。

神話によると乙女座の始まりは「女神アストレアが地上に正義と秩序をもたらしたが、人々の争いが絶えないことに愛想を尽かして天へと昇り、星座となった」と伝わっています。

気質を表すエレメンツは「地」です。現実的に物事を考えて安定を求める、そして気遣い屋タイプの人が多いでしょう。

おとめ座の人は社会通念や道徳心を重んじていて、気遣いができて、責任感があります。また、周りの人に迷惑をかけることを嫌がります。几帳面なところがあり、神経質と言われることもあるでしょう。

きっちりとしていて、計画通りに物事が進むことを好みます。常識があることから年上や年配の人に好まれる傾向にあります。
おとめ座の人は自分に厳しく、他人にも厳しいです。常識を相手に押し付けてしまうことがあり、反感を買うこともあります。
おとめ座の由来には諸説ありますが、複数の説で「豊穣」を示しています。農作物を育てるようにコツコツと努力をし成果を上げることができます。現実主義で勉強熱心、地道な努力を惜しみません。
また、おとめ座の人は「自然」と縁が深く、植物や動物などを好みます。ストレスが溜まった時は大自然の中でゆっくりしてみてはいかがでしょうか。

慎重派のおとめ座。
大胆なことはしないのに面倒なことに巻き込まれやすいという一面も。
努力家や常識人が多いのが特徴です。

おとめ座の2020年はどうなる?

乙女座の人の2020年は、どうやら「年末にかけて最高の運気」となるようです。「新しく素敵な人との出会い」も起きる可能性大!事前にどのような1年になるのかを知っておいて、トラブルへの対策を立てましょう。

2020年は乙女座の人々にとって、
「花園ができあがっていく年」
と言えます。
これまでじっくり育ててきたものが、
一気に花をつけ始める時間となるだろうと思うのです。
「何も育ててきたおぼえはない」
という人も、
あなたが日々選んできたこと、
考えてきたこと、
日常的に何気なく取り入れてきたこと、
なによりあなたの「審美眼」にかなって、
あなたの生活に入り込んできたことが、
すべて、
今のあなたの世界の土壌を豊かにしているはずなのです。

「いつか読もう」と思って積み重ねてきた本の山や、
「いつか作品にしよう」と集めた材料、
「そのうち創ってみよう」とメモしてきたレシピなど、
「いつか・そのうち」のために用意してきたものがあれば、
2020年はそれらを実行に移せる時期です。
「いつかやろう」が「いまだ!」になるのです。
「いつか画家になりたい」ではなく、
今、描き始めるのです。
「いつか、なる」のではなく
「いま、やる」のです。
そういう機が熟すのが、
この2020年なのだろうと思います。

細かく見る2020年のおとめ座

1月のあなたは素晴らしい出来事に遭遇する可能性が高いです。とくに月の2週目あたりに恋愛に関することで素敵な体験をするでしょう。仕事よりも恋愛を優先したい気持ちが高まります。

1月から2月半ばは、
居場所がバタバタしそうです。
2019年の中で計画してきたことを、
一気に実行に移す!
ということになるのかもしれません。
あるいは、2019年の中で創ってきた「居場所」に、
みんなで集まってパーティーを開く!
というようなことなのかもしれません。
いずれにせよ、
ここまでに創ってきた「場」の強度を、
ここで実感できるだろうと思います。

さらに1月半ばから2月頭は、
「人」に恵まれる時期でもあります。
公私共に素敵な出会いがあるでしょう。
また、2月は「再会」の気配も濃厚です。

すぐに結果を出そうとすると失敗しやすいので、2月中はじっくり念入りに計画を練りましょう。時間をかけて取り組むことで後々良い結果に繋がります。

2月半ばから3月は
2020年のテーマである
「愛と情熱の季節」が
早くもピークに達します。
好きなこと、やりたいこと、
愛と情熱の赴く方向にガンガン進んで、
素晴らしい達成感を味わえるでしょう。
特に、温めていたアイデアがある人、
「自分にはこういう才能がある」
という密かな確信がある人は、
大胆に、勇敢に行動できる時期となっています。

3月はとくに恋愛運と対人運が好調な月となっています。先月は思うようにいきませんでしたが、今月はあなたの思った通りになることが多いでしょう。

3月末から6月は、
どちらかと言えば
「やりたいこと」よりも
「やるべきこと」へと
意識が向かうかもしれません。
任務遂行への乙女座の人の意志は非常に固く、
一時的に「やりたいこと」が
棚上げになってしまう気配もあります。
ただ、ここでも、
楽しむ気持ちや、
自分自身のこだわり、審美眼、
「今はこれがいいはずだ!」
というセンスなどは、
忘れずに持っていたいところです。

というのも、
4月から8月頭には、
素敵なチャンスが巡ってきやすいからです。
この「チャンス」は、
どちらかと言えば華やかで、
楽しい雰囲気に包まれています。
一般に「チャンス」には、
ずしっと重いようなものとか、
リスクが伴うようなもの、
スリリングなものもあるわけですが、
この時期のチャンスはそうではなく、
気軽に掴める、軽やかな感触があります。
でも、それを掴んでみると、
意外に大きな話へと発展していく気配もあるのです。
遊びゴコロやセンスなどは、
その「キラキラしたチャンス」に不可欠です。

今月は恋愛でも仕事でも、良いことが起きやすい月となっています。5月の2週目、14日あたりに、あなたにとって良い転機が訪れるはずです。

5月半ばから6月は、
人と少し「対決」することになるかもしれません。
刺激的な出会いがあったり、
タフな交渉事に臨んだりする場面もあるでしょう。
人と真剣勝負して得るものが多い時期です。
ただ、ここでの「戦利品」は、
少し時間をおいてからもたらされる気配もあります。

6月は対人運がアップしていて、周りの人とコミュニケーションを取りやすくなっています。新しい友達が出来るかもしれません。しかし遊ぶことにばかり夢中になると仕事が中途半端になってしまうので注意しましょう。

6月末から年明けにかけて、
経済関係が大きく動く時期となっています。
パートナーの経済活動に変化が起こったり、
あなた自身の経済的役割が変わったりするかもしれません。
中には
「資金を借り入れて起業する」
「ローンを組んで新しいことを始める」
「投資を始める」
「人のお金を管理する」
というふうに、
経済活動を拡張する人もいそうです。

2020年の下半期はふと「私って幸せだなぁ…」と感じる日が訪れるでしょう。良い運気の中にいるときは、ひたすらポジティブな気持ちでいられるはずです。

例え気持ちが萎えてしまうことがあったとしても、12月になれば再び運気が復活します。トラブルに巻き込まれている人も、12月になれば運気もアップして解決に導かれるでしょう。

1 2