1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

美味しいだけじゃ物足りない?!「ビールの本」まとめ

好きだからもっと知りたい!(発酵野郎!世界一のビールを野生酵母でつくる、琥珀の夢で酔いましょう、自分でビールを造る本、教養としてのビール 、恋するクラフトビール 、ビールの教科書、世界に通用するビールのつくりかた大事典)

更新日: 2020年02月20日

6 お気に入り 1877 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sryamaさん

●発酵野郎!世界一のビールを野生酵母でつくる

あの伊勢角屋麦酒の社長が書いた本。生き物愛が素晴らしすぎて共感しっぱなし... ″酵母は好き好んでアルコールをつくっているわけではなく、生きのびるための手段としてつくっている。健気で涙が出る″ "発酵野郎!―世界一のビールを野生酵母でつくる―"(鈴木成宗 著)a.co/cCf8rVD pic.twitter.com/SGSPS1C11d

『発酵野郎』よかった。やっぱ、何かに全力の人の話はおもしろいし、説得力ある。

しばらく忙しくて読めなかったんですが、読み始めると一気に最後まで 伊勢門屋麦酒の社長が自ら採取したヒメホワイトの酵母の話やクラフトビールに対するの熱い話が面白かったです。 最後にクラフトビールの基礎知識なんかもついてて初心者の方にもオススメですよ #伊勢角屋麦酒 #発酵野郎 pic.twitter.com/2081KZIG6p

●琥珀の夢で酔いましょう

京都の広告会社に勤める剣崎七菜は、偶然入った居酒屋で、店主・野波隆一とカメラマン・芦刈鉄雄、そして「クラフトビール」に出会う。

『琥珀の夢で酔いましょう』読んでるとあんまり得意じゃないけどビールがめっちゃ飲みたくなるし試したくなる

『琥珀の夢で酔いましょう』2巻。クラフトビールと食べ物のペアリングが中心。リアクションが爽やかで美味しそう。その描写もいいが、帯にもある「オトナの青春」といったような、思い立って試せる成人してからのワクワク感が溢れるのがいいなと思う。

「琥珀の夢で酔いましょう」クラフトビールを題材とした流行りのグルメハウツー系漫画でありながら丁寧な群像劇でもビジネス成功譚でもあって一粒で何度も美味しい。てか僕もこんな行きつけの店が欲しい。

●自分でビールを造る本―The Bible of Homebrewing

初級編、中級編、上級編にわけてホームブルーイングを説明するほか、世界のビアスタイル、レシピ集、蜂蜜の酒の造り方等も収録。

自分でビールを造る本、二周目読み終えた。 初めて読んだ時より知識増えてるからか、何箇所か知りたい情報あってよかった。 とりあえず、飲む前または読んだ後はビタミンB摂取しなきゃね

『自分でビールを造る本』翻訳が素晴らしく、パパジアンのユーモアが伝わる。仕込み時間の短い初歩的レシピから、マッシングする上級レシピまで載っているし、巻末には国内外のホームブルワー向け情報サイト、材料の通販企業情報リストも掲載。とりあえずキットとこの本があれば楽しく作れると思う。 twitter.com/analogtarou/st…

手作りビールという割とニッチなジャンルでも色々本は出てるんですが、一番のおすすめはチャーリー・パパジアンという方の「自分でビールを造る本」です。このジャンルではバイブル扱いされている本です。#謎の手作り欲

●教養としてのビール 知的遊戯として楽しむためのガイドブック

お店で、以前は見かけなかったビールが、目に入ってくることはありませんか?本書では、基礎知識を系統立てて示しつつ、楽しみ方をお伝えします。

昨日の #キリンビールサロン で登壇されたライターの富江弘幸さんの『教養としてのビール』は、ビールの歴史、作り方、クラフトビールの定義やビアスタイルなどビールについての幅広い知識をコンパクトにまとめた一冊で、素晴らしい本でした! ビール本の中でも出色の分かりやすさと、優しい語り口!! pic.twitter.com/XQ5GSmkMhB

教養としてのビール / 富江弘幸 ビール党なのにビールについて真剣に考えたこと無かったなと思ってジャケ買い。びあマに行く前に読めて良かった。この本を片手にびあマに入り浸りたい! pic.twitter.com/9SyqjWZ30Y

教養としてのビール 知的遊戯として楽しむためのガイドブック(富江弘幸著)読了 - ビールという飲み物の基本や現在の流れや楽しみ方をサラッと知るには良い一冊だった。個人的にはクラフトビールという言い方は実はあまり正しくないという事が少しビックリだったが納得出来た。books.apple.com/jp/book/%E6%95…

●恋するクラフトビール 知識ゼロから好みの一杯に出会える

ビールなんて苦いだけで炭酸でお腹も膨れるし、存在意義が判らないとお嘆きの皆様にお勧めしたいのが、「恋するクラフトビール」ですね(^ω^)コミックエッセイという形で、ホワイトビール等の代表的なタイプを紹介していますので、非常にわかりやすいです(^。^) pic.twitter.com/L3LFOARgYM

面白かった! テルマエ・ロマエ ビール版を読んでるみたい。 載ってるビール全制覇してみたい。 恋するクラフトビール: 知識ゼロから好みの一杯に出会える [書籍] g.co/kgs/U1bf2M

TOA著「恋するクラフトビール」 ビールイラストレイターのTOA氏が出したクラフトビールコミックエッセイ。 ビールを全く知らない主人公がハルコンネンの精的な擬人化クラフトビールとイチャイチャしながらビールを学んでいく物語。 クラフトビールに興味が湧いたら一先ず読んでみると良い一冊。 pic.twitter.com/bwtUwO6nAm

1 2