1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

X線検査受けてなかった…。ゴーン氏逃亡の裏情報にネットが憤慨

カルロス・ゴーン氏が逃亡したというニュースの裏情報が入ってきています。

更新日: 2020年01月06日

5 お気に入り 30280 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■保釈中のゴーン氏が海外に逃亡した

海外への渡航を禁じられていた日産自動車の元会長、カルロス・ゴーン被告が秘密裏に中東のレバノンに出国

レバノン移民の子としてブラジルで生まれ、中等教育をレバノンで受けて国籍も持つゴーン氏は、同国では英雄的な存在

■当然、日本の検察は捜査を開始

東京地方検察庁などは不正な手段で出国したとして出入国管理法違反の疑いで捜査

東京地検からは、ゴーン被告が使用を許可されていた、パソコンや携帯電話の通話履歴、パスポートの任意提出を求められていて、今後、中身を確認し応じるかどうか判断する方針

弁護団の対応です。

■プライベートジェットで逃亡したとみられている

30日にレバノンに入国し、その際、トルコの航空会社が運航するプライベートジェット2機を利用した

ゴーン救出の極秘チームは12月中旬に東京に集結。音楽隊に扮し、ゴーン氏の自宅で開かれたクリスマスパーティーに潜入した

搭乗していたアメリカ人2人は、客室乗務員に対し「かまわないでほしい」と伝えて、フライト中は客室に入れなかった

■そのプライベートジェットへの登場の際「楽器のケース」に隠れていたという情報が

その際、特別に用意された音響機器を入れるための大きな箱が2つ積まれていた

プライベートジェット機には高さ1メートルを超える大きな箱のようなケースが複数積み込まれた

ケースは音響機器を運ぶためなどに使われるもので、日本からトルコ・イスタンブールに向けて運航されたプライベートジェットに残されていた

■この大きな箱のX線検査がなされていなかった疑惑が

空港関係者は「ケースがかなり大きく、X線の機械に入りにくかったこともあって検査はしなかった」などと説明している

気になるのは、ゴーン被告が出国に使ったとみられるプライベートジェット機に持ち込まれた荷物が、関西空港でエックス線検査を受けていなかったこと

被告の出国記録はなく、運航に当たり大きなトラブルはなかったとされる

■この報道にネットが憤慨

ゴーン被告 ケースに隠れ出国か 持ち込み荷物 X線検査受けず | NHKニュース www3.nhk.or.jp/news/html/2020… X線検査をしないことがたびたびあるなど入管の現場が弛みすぎなのではないか。今までゴーンに限らず違法な密出入国があったに違いない。担当者は懲戒免職処分にするしかないだろう。

痛いニュース(ノ∀`):【関西空港】 ゴーンが入ってた楽器ケース、「大きかったからX線検査しなかった」 blog.livedoor.jp/dqnplus/archiv… 機械に入らないのは仕方ないとしても、せめて目視で確認しろよと‥。

@DrMagicianEARL X線検査されたら一発アウトだと思うんで、ゴーン氏側はよっぽど「関空の検査の緩さ」に確信持ってたってことになりますよね・・・

1 2