山路のスモーキーかつブルージーな歌声とソウル、ヒップホップ、ダンスミュージック、エレクトロニックなどあらゆるジャンルを取り込みつつ緻密に構築されたトラックメイクとロックサウンドが特徴。

出典the engyの研究発表 今の時代の「芸術性と大衆性を成す音」とは - インタビュー : CINRA.NET

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

去年は髭男…2020年ブレイクが期待される邦ロックバンド5組

the engy、Newspeak、odol、Half time Old、Novelbright。ドラマ主題歌、映画主題歌、テレビCM曲に起用されれば…。

このまとめを見る