1. まとめトップ

40代で転職するための秘訣はあるの?成功のコツや興味深いエピソードをまとめてみました♪

40代で転職したいと思っているけれど…。転職に成功する秘訣はあるの?成功体験や興味深いエピソードをまとめてみました!

更新日: 2020年01月23日

2 お気に入り 1449 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

40代ならではの興味のあれこれを調べています♪

1963mrdsさん

1.40代の転職は本当に難しいの??

特に40歳は大きな分岐点で、転職することで年収が上昇する割合が顕著に低下しはじめます。この転職市場の潮目の変化は、景況はもちろん、業界や専門領域により微妙に異なることもあり、意外な落とし穴になりがちです。

たしかに40代で転職しよう!と思っても、年齢的に厳しいかな…と心配になりますよね。

転職市場では年齢が上がるにつれ厳しくなると言われてきました。しかし、有効求人倍率とビジネスマンの平均年齢の上昇によって、数年前と比べても少子高齢化も相まって、企業が求めている能力や将来性あれば転職しやすいように時代は変化しています。

少子高齢化で若者が少なくなっています。そのため若い人を雇用すること自体、難しくなっているんですね。そのため、ニーズのあった40代に十分にチャンスがあるということです。

確かに40代の転職は、30代までと比べると難しくなってしまいますが、ポイントさえ押さえておけば、40代でも転職を成功させることが可能になります。
なぜならば、40代の転職は、ポテンシャルを見込まれて採用されるような20~30代の転職とは違い、これまでの豊富な経験やスキルが大きな武器になるからです。

40代で転職する場合、「ニーズが合っている!」と思ってもらえるように、自分のアピールの仕方や転職先の選び方を考えることも重要なのかもしれませんね。

2.40代の転職成功例①:即戦力となるキャリアが武器!

景気が回復していき、企業はさらなる事業拡大を狙っていくタイミングでありながら、労働力人口は減少の一途をたどり、若手人材の確保が厳しい状況にあります。さらに、時代は成果主義型雇用へ遷移していて実力者の中途採用が増えました。

かつての日本の企業は年功序列の終身雇用がメイン。今は、実力がある人は年齢に関わらずチャンス広がる会社が増えてきました。スキルや経験がある人は、さらに高みを目指すために転職することも、珍しいことではありません。

専門職とはいえ、40歳を越えると入職できるポジションが限られています。本当に転職ができるのか筆者も不安でした。
ところが幸運にも、リハビリ部門の管理職を求めるクリニックが見つかったのです。

以前の職場での経験が40代の転職で上手く活かされた事例です。途中、苦労されることもあったようですが、最終的にうまい具合に転職成功につながりました。

今ではリハビリ室の責任者として、信頼を得ることができています。筆者にとっては、もともとの病院勤務でつちかったキャリアと、1年間のクリニック勤務で得たキャリアが組み合わさることで、結果的に良い転職になったのです。

40代で転職活動を成功させるためには、これまでに積み重ねてきたもを上手く組み合わせることがポイント!ということが良く分かりますね♪

【参考】資格によりキャリアをパワーアップ

40代は既に社会人の経験や実務の経験を持っていて、管理職として活躍している人も多いと思われます。資格を持たなくても転職ができるケースも考えられますが、転職を成功させるために効果的な資格も考えられます。

3. 40代の転職成功例②: 企業側とのニーズが合致した

転職を成功させるには、転職者の「こんな職場で働きたい」というニーズと、企業側の「こんな能力を持つ人に来てほしい」というニーズが合致することが重要です。

自分がここで働きたい!と一方的に思ってもダメなんですね。大切なのは両想いになること。

そこで意識しておきたいのが、企業側は40代の転職者に何を求めているのか?という点です。ここがずれていると、熱心にアピールしていても企業側のニーズに合致していないために、書類選考や面接で「言葉が響かない」「手応えが感じられない」といったことになりがちです。

「この人を採用したい!」そう思ってもらえるように情報を提示することが40代の転職成功のカギ。本当はものすごくいい相性なのに、相手に伝わらないと意味がありません汗

またベンチャーやIT関係の企業は、20代や30代の若い社員で構成されている会社が多いです。創業期を抜けて、規模が大きくなった組織を運営していくノウハウにかけているケースがあります。こういった企業でも40代の管理職経験者は重宝されます。

若い社員が多い会社だから自分は無理かも…ということではないんです。会社は大きくなる過程で、様々な経験を積んだ人材を必要とするようになるんですね。

3. 40代の転職成功例③:職務経歴書は採用の可否の鍵となる!

転職活動は何が大変か考えてみると、動き出しが一番大変だと思います。職務経歴書の作成、人材紹介会社への登録、転職求人サイトの活用などなど、どのように手をつけていいのかわからないのも大変な要因でしょう。賢く効率的に進めていくためには、しっかりした職務経歴書は絶対条件です。

転職活動を始めるとき、いちばん骨が折れる準備かもしれません…。しかし、一度しっかりと自分のキャリアを振り返り、最適な職務経歴書を作成することで、転職活動の手ごたえがかなり変わってくるはずです。

さらに独りよがりの内容ではなく40代50代だからこそできる『読む側のことを配慮した書類』を作成するように心がけてください。
採用担当者が「是非採用したい!」と思うような書類を作成しましょう。

4. 40代の転職成功例④:積極的に情報収集すること

求人媒体はいろいろありますが、案件数の多い転職サイトや転職エージェントの求人を、しっかり条件を絞り込んで見ることがおすすめです。転職活動に不慣れな場合は、コンサルタントが直接サポートしてくれる転職エージェントもおすすめです。職種や条件によってはハローワークや求人誌も確認すると良いでしょう。

自分に合った求人がどのような媒体に掲載されているのかは未知数。ひとつだけで終わらせようとすると、いい出会いを逃してしまうかもしれません。慣れるまでは大変かもしれませんが、複数の転職サイトや転職エージェントを活用することがポイントです!

40代では求人自体が少ないので、転職エージェントに加えて、複数の転職サイトに登録してとにかく求人数を集めて、数多く応募していくことが成功するためのコツです。
具体的に、私が40代の方の転職をお手伝いしてきた経験からしても、転職で成功する人は転職エージェントと転職サイト合わせて10サイト以上は登録していることが多いです。

複数の転職サイト&転職エージェントに登録するだけではなく、積極的に応募することも大切。応募することにより得られる情報もたくさんあります。自分に対する思いがけない評価に気が付いた!なんてこともあるみたいですよ。

1 2