1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

サッカー選手は認知症などで死亡するリスクが3倍以上も高いワケ

サッカー選手は認知症などの神経変性疾患で死亡するリスクが一般人に比べて3倍以上も高いというデータが発表されました。そのワケとは?

更新日: 2020年01月06日

7 お気に入り 9650 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■プロサッカー選手は「認知症などで死亡するリスク」が一般人よりも3倍以上高い

7600人以上の元選手を対象にした調査では神経変性疾患での死亡リスクが一般人よりも高いことが明らかになった

元プロサッカー選手はアルツハイマー病やパーキンソン病などの脳の疾患が原因で死亡するリスクが著しく高い

■慢性外傷性脳症(CTE)という病気を発症することも

14人のうち6人に記憶障害や認知症などの原因にもなる慢性外傷性脳症(CTE)の兆候があったことを発見

ジェフ・アストルは2002年、59歳でその生涯を閉じた。死因は、現役時代にヘディングをし過ぎたことによる脳の損傷と診察された

この疾患はボクシングにおけるパンチドランカー (dementia pugilistica; DP) としても知られていた。慢性外傷性脳症は現在、アメリカンフットボール、アイスホッケー、サッカー[2]、プロレスリング、野球[3]などの接触の多いスポーツの多くでみられている

■これら脳疾患の原因となっているのが「ヘディング」だ

「いずれの選手たちもヘディングなど頭部への衝撃を人生の早い段階から何度も受けてきたことが、認知症などを引き起こしたことに影響している」

以前からサッカーのヘディングによる脳への悪影響が懸念されていたが、7600人以上の元選手を対象にした調査では神経変性疾患での死亡リスクが一般人よりも高いことが明らかになった

海外でも注目を集めている結果だが、過度に不安になる必要はない。ヘディングが脳に与える影響について、日本でも議論を始めるきっかけにしてほしい

■これによってヘディングを禁止する国も

すでにスコットランドでは12歳以下、米国では10歳以下の選手のヘディングを禁止している。若手選手のヘディング禁止の動きは、急速に世界中へ広がっている

0歳以下の子どもは試合や練習でヘディングしてはならないことになっているほか、11歳から13歳の子どもたちは、練習でのヘディングに制限が加えられている

アメリカにおけるルールです。

成相准教授によると、現時点でヘディングと脳の病気との関係を示す科学的な証拠はないという

東京医科歯科大の成相直なりあいただし准教授(脳神経外科)

■ちょっと衝撃のニュースだ…

ほんとにヘディングで…? じゃあキーパーはましだったりするの? 脳震盪はラグビーとかアメフトの方が多そうだけど。 プロサッカー選手は認知症などでの死亡リスクが3倍 ヘディング影響か #ldnews news.livedoor.com/article/detail…

【サッカー】プロサッカー選手、認知症などでの死亡リスクが一般人の3倍以上 ヘディングの影響か  hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/… ヘディング禁止かヘッドギア必須にするしかない

yomiuri.co.jp/medical/202001… サッカーやると認知症3倍という驚きのニュース。ヘディングが理由で規制という話も。ヘディングのないサッカーなんてありえるのか?

昨年10月にBBCが報じてるもののどこが【独自】よ? ボールが天然皮革から、水を吸わない合皮になり、軽量化された現在では状況はだいぶ違うだろうね bbc.in/2JafjDD 【独自】元サッカー選手、認知症で死亡高リスク…ヘディング影響か : 読売新聞 yomiuri.co.jp/medical/202001…

元サッカー選手、認知症で死亡高リスク…ヘディング影響か : 読売新聞オンライン yomiuri.co.jp/medical/202001… 「…米国サッカー協会は、脳への悪影響を避けるため、10歳以下のヘディングを全面的に禁止している…」長身のFW/CBと小柄なドリブラーMFとで有意な統計的差異が見られるか知りたい

■認知症といえば、薬などの影響もあるとされている

1 2