1. まとめトップ
  2. カラダ

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

緑茶でインフル予防...!?

インフルエンザの予防対策として、ワクチン接種、マスクの着用、手洗いやうがいの励行が勧められているが、それらに加えて「緑茶うがい」が注目されている。

緑茶に多く含まれるポリフェノールの一種である「カテキン」にはインフルエンザウイルスに直接作用して、増殖や吸着を抑える効果が期待できます。

毎日、緑茶を飲むことが効果的ですが、緑茶うがいを習慣化することでも同様に効果的だといわれています。

あとはインフルエンザにならないように気をつけるだけですね、緑茶がいいらしい…飲む…

インフルエンザ予防にはカテキンが良いらしい! みなさん緑茶か紅茶を常備や!

緑茶に含まれるカテキンが超優秀

最も研究され、効果が証明されているのがカテキンだ。カテキンは、緑茶で最も多いポリフェノール成分のこと。

ウイルスが増殖するのをブロック

インフルエンザのウイルスは、足のような突起(ジョイント)が、ヒトの細胞にくっついて感染し、広がっていく。

カテキンは、ウイルスの突起にくっついて、細胞の中に入っていくのを阻止するのだ。

さらにカテキンは、細胞に入ったウイルスが増殖するのをブロックし、細胞から外に出てほかの細胞に広がるのをブロックすることも確認されている。

紅茶のうがいで感染を予防できたという研究結果も

試験管やマウスを用いた研究では、紅茶によりインフルエンザウイルスを無力化できるという結果や、紅茶をよく飲む人の方がインフルエンザになりにくい傾向があるというデータがあります。

また、使い終わった茶葉を用いた10分の1の濃さの紅茶で、1日2回のうがいをした結果、インフルエンザの感染を抑えられたという研究結果も出ています。

紅茶を飲んだり、うがいをしたりすることで、インフルエンザ予防に繋がる可能性があると言えるでしょう。

砂糖やはちみつを入れて飲んでも良いと言われています。レモンは抗ウイルス作用を助けるとされているので、レモンティーもおすすめです。

ただし、ミルクを追加したり、マシュマロをトッピングしたりするのは避けましょう。ミルクやマシュマロに含まれるタンパク質がテアフラビンの作用を邪魔してしまいます。

豆乳もミルクと同じように抗ウイルス作用に関わるため、避けた方が良いでしょう。

【緑茶うがいの方法】

・口に含んで上を向き、のどの奥にいきわたるようガラガラと音を立ててうがいをする。

※カテキンが多く溶け出している、1煎目または2煎目が効果的です。

最後に

1 2