1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

「ひぐらし」トレンド入り…2020年は名作アニメ復活祭りです!

皆さんご存知ですか…「ひぐらしのなく頃に」が予想外の新作!?ほかにも「ダイの大冒険」、「魔術士オーフェン」、「へんたつ」…伝説のアニメたちがまさかの復活を遂げる!一人でも多くの人に伝えたくてまとめてみました。

更新日: 2020年01月07日

11 お気に入り 11920 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

予想外すぎる…令和の時代にあの伝説のアニメたちが復活!

critical_phyさん

▶嘘でしょ…「ひぐらしのなく頃に」新プロジェクトが始動するってよ!

大ヒット同人ゲームをもとにアニメ・漫画・実写映画などさまざまなメディアミックス展開が行われた「ひぐらしのなく頃に」の新プロジェクト始動が発表されました。

昔ながらの村社会の様相を残す村落で発生した連続怪死・失踪事件の顛末を描いた連作式のミステリーである。表現媒体としてサウンドノベル形式を採用しているが、ストーリー展開に影響を与える選択肢は存在しない。

新プロジェクトの全容はまだ明かされていませんが、本作のヒロインである竜宮レナのビジュアルとともに発表されたキャタクターデザインは、西尾維新さん原作の「物語」シリーズで活躍してきた渡辺明夫さん。

なんでみんなひぐらしのことツイートしてんのかなと思ったら、再アニメ化すんのね……へー!

ひぐらしがまたアニメ化されるのはとても良いと思いますヽ(´ー`)ノ ハルヒとかSHUFFLE!とかBSでやってた時だから高校生時代だな。 あとニコニコ全盛期時代ヽ(´ー`)ノ

▶名作中の名作やん…「ダイの大冒険」再アニメ化が早くも大反響!

1989年から1996年にかけて「週刊少年ジャンプ」で連載された『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』は、大人気ゲーム『ドラゴンクエスト』をモチーフとしたオリジナルの世界観を作り上げました。

1995年新年3・4号合併号に『ドラゴンボール』『スラムダンク』『るろうに剣心』『ジョジョの奇妙な冒険』らとともに掲載されており、ジャンプ黄金期を支えた作品のひとつとして知られている。単行本の累計発行部数は4700万部を突破。

完全新作アニメ化と完全新作ゲーム化が発表されている。1991年版のアニメは竜騎将バランとの初戦の結末をオリジナルの展開で描き、放送終了。その後の竜騎衆との戦いは映像化されていない。

いまさら知ったんだけどダイの大冒険アニメ化するの? 今回は最後までやるのかな 楽しみだ

アニメのダイの大冒険の配信が一部動画サイトで始まってたり、昨年からジャンプ+でまた原作1話から読めるようになってたりしてますな。

制作チームのLINEがすごい盛り上がってます! ダイの大冒険のアニメ化おめでとうございます㊗️ 私、見たことないんですけど、アバンストラッシュは知ってます(^^)/ #ドラゴンクエスト pic.twitter.com/YsQ4tTpSPF

▶伝説のラノベ…「魔術士オーフェン」新作が楽しみすぎる!

秋田禎信氏によるライトノベル作品。1994年の第1巻刊行以来、様々なシリーズが発表され、累計1,400万部を突破しており、1998年と1999年にはアニメ化もされている。

『魔術士オーフェンはぐれ旅』としてアニメ化。主人公・オーフェン役は1998年と1999年のアニメ版より引き続き森久保祥太郎さんが担当する一方、他キャストは一新。

かつてはドラゴン種族が棲息し、現在は人間種族が繁栄する地、キエサルヒマ大陸。魔術士養成機関≪牙の塔≫で暮らしていた少年・キリランシェロは、異形の姿となって失踪した義姉・アザリーを探すために旅に出る。

オーフェンの新しいアニメやってる、、、ここは20世紀ですかよ、、、コミクロンが動いてるだけでいくらでも泣ける、、、

▶けもフレ監督の新作!?「へんたつ」がネットをざわつかせている!

「けものフレンズ」や「ケムリクサ」などで知られるたつき監督によるアニメ「へんたつ」のテレビ放送が、1月4日の夜からスタートした。

何も知らなかった前番組のFGO視聴者は勿論、irodoriファンも「なんだこれ」となる事態となった。制作とキャストは配信時とほぼ同じ。

「趣味のアニメです」とのことですが、相変わらずのクオリティーの高さに、Twitterでは「ありがとうたつき監督」「ありがてぇ…ありがてぇ…」といった感謝の声のほか、「趣味ってなんだっけ」と困惑する声も多く見られました。

過去にはこんな話も。

1 2