1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「緊張感ゼロ…」紅白歌合戦に苦言を呈した大御所たちに賛同の声相次ぐ

審査員を務めた上沼恵美子さんもバッサリ…

更新日: 2020年01月07日

8 お気に入り 117739 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

stoneflowerさん

▼視聴率が低迷した昨年末の「第70回NHK紅白歌合戦」

昨年大みそかに放送された「第70回NHK紅白歌合戦」の平均視聴率が2日、ビデオリサーチから発表された。

▼そんな紅白に対し徳光和夫は、4日の番組で「原点を失っているんじゃないかな」と苦言を呈した

4日のラジオ番組『徳光和夫のとくモリ! 歌謡サタデー』(ニッポン放送)で、徳光和夫が昨年12月31日に放送された『第70回NHK紅白歌合戦』について苦言を呈した。

「紅白」について「あえて一言言わせてもらうなら原点を失っているんじゃないかなということなんですね。歌合戦としての要素が年々希薄になっているんじゃないかな」と指摘した。

「もっとじっくり歌を聞かせる番組として回帰してほしい」「内容が盛り沢山すぎて焦点がボケている」「八方美人演出よりも歌にこだわった、歌合戦にこだわった演出をしてもらいたいと思った」と苦言を呈した。

▼さらに6日には審査員を務めた上沼恵美子が「緊張感ゼロです」とバッサリ…

タレント・上沼恵美子が6日、ABCラジオ「上沼恵美子のこころ晴天」に出演。初めてゲスト審査員を務めた昨年大みそかのNHK紅白歌合戦について感想を語った。

過去に紅組司会も経験したことのある上沼は出演した感想として「あたしの知ってる紅白歌合戦ではなかった」とし「アーティストの中には、吐き出す人もいるんですよ、緊張で。リハーサルから、そういう感じの番組だった」とした。

▼大御所たちの厳しい意見に、ネットでも同調する声が寄せられている

みんな、こう感じてるわよねぇ( -.-) 徳光和夫さん、NHK「紅白歌合戦」に苦言…「原点を失っている。特別企画の名の下に歌合戦の祭典に関係しない形のアーティストの登場回数が多すぎる」(スポーツ報知) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200104-…

徳光和夫さんが、一曲に2分くらいしか歌わせず企画物を盛り込みすぎてるって紅白に意見されてますねー。全く同感!!今もって紅白楽しみにしてきてるけど、出演者に変なショートアレンジ強いずじっくり歌わせなきゃねー

@nhk_kouhaku 徳光さんが言っていた通り紅白は原点回帰、歌をたっぷり聴かせて欲しい。企画で引き込もうなんてあざとい。NHKなんだから王道勝負で行って欲しい。

上沼恵美子の紅白の記事読んだけどめっちゃわかる。個人的にはうたコンとかTBSのレコ大のほうが豪華で年末!年越し!って感じするのよね。

上沼さんが言ってる事 同感です! 昨年の紅白は ワクワクしなかったよ。紅白は全組生出演で 同じ舞台に立たなきゃ! 上沼恵美子、昨年の紅白は「緊張感ゼロ」「あれじゃあダメ」 過去の口パク裏話も披露 #SmartNews sponichi.co.jp/entertainment/…

▼特に一部歌手の「口パク」問題については、多くの人がガッカリしたみたい

確かに私も口パクの多さに引いたもんね。 ダンスもいいけど三浦大知みたいにちゃんと歌わんとなー上沼恵美子、昨年の紅白は「緊張感ゼロ」「あれじゃあダメ」 過去の口パク裏話も披露 article.auone.jp/detail/1/5/9/8…

紅白に限らず、口パクは音楽番組をシラけさせる。それ系アーティストのライブに行くお客さんにも問題あり。そんなんで満足しちゃダメ。 上沼恵美子、昨年の紅白は「緊張感ゼロ」「あれじゃあダメ」 過去の口パク裏話も披露― スポニチ Sponichi Annex 芸能 sponichi.co.jp/entertainment/…

上沼さんの仰るとおりです、残念ですけど。紅白の大トリは圧倒的な歌声で締めないと恥ずかしいよ。口パクは論外だと思う。紅白の存在感が昔とは違うんだろうけど大勢のダンサーで賑やかにしてOKとはならない。

紅白色々言われてるけど、わかる気もするな。やっぱり生歌には敵わないよ。 練習すれば良いし、歌えないなら歌えるパートを担当したり、歌割を考えればいい。 どうせ口パクって言われるのほんとファンは望んでないんだけどな。。 それぞれがソロでカイトを歌えるレベルになってほしいな。。

▼「中継」の多さにも、みんな辟易している様子…

1 2