1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『ぼくたちのリメイク』だけじゃない!「木緒なち」のおすすめ小説

『ぼくたちのリメイク』がアニメ化される、小説家「木緒なち」のおすすめ6作品。『すべては装丁内』、『サークレット・プリンセス 歩のユニオンCB部活動記録』、『16:00の召喚魔法』、『誰が喚んだの!? 〜異世界とゲーム作りとリクルート召喚〜』、『妹は僕に手を出すなっ!』。

更新日: 2020年01月08日

1 お気に入り 2046 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『すべては装丁内』

学央館書房の新人編集者・甲府可能子は憤っていた。編集長から紹介を受けた装丁デザイナー、烏口曲に企画していた詩集の装丁を即刻で「やらない」と断られたからだ。装丁の奥深い世界、そして今を働くすべての人に勇気をお届けする、お仕事エンターテイメント!

すべては装丁内読了。とても面白かった!本ってこういう過程を経て世に出てるんだなと知ることができたし、なにより登場人物たちが全員魅力的なのも良き。くろね先生のイラストに惹かれて買ったけど内容も素晴らしかった。可能子ちゃんの頑張る姿がとても可愛いのでおススメ! pic.twitter.com/AABjS6pAhO

「すべては装丁内」読了しました。 読めば読むほど創作者の仕事にたいする想い、情熱が伝わってくる本でした。 まだまだ前途多難そうな気になる終わりでしたが、 カノコがまた新たな仕事を烏口さんのもとへ依頼しに来る日を楽しみにしています。

◆『サークレット・プリンセス 歩のユニオンCB部活動記録』

「サークレット・バウト(CB)」という近未来スポーツが学園の価値を決める時代。統合の危機を迎える聖ユニオン学園で、学園存続を懸けたCB部の奮闘を描く!

木緒なちさんはサークレット・プリンセスで良いなと思った

少しずつ今期のアニメも見始めてるけど、完全ノーマークだったサークレット・プリンセスがもう木緒なち節全開というか性癖と趣味全開でぶっちぎってて大好き cirpri-anime.jp

◆『ぼくたちのリメイク』

ゲームディレクター・橋場恭也28歳。なんとか支えてきた会社はついに倒産、ゲーム作りに憧れながらも人生を後悔していると、何故か10年前…2006年の自分に戻っていた!? 恭也は憧れのトップクリエイターの出身芸大に進み、今度こそクリエイターへの道を目指すが…。

ぼくたちのリメイク、読了。近場の本屋で奇跡の在庫ラス1ゲット!先が気になりすぎて翌日仕事とか関係なく夜更かししながら読み切ってしまった( ˊᵕˋ ;) 創作した事があったのでかなり心に響いて途中涙腺が... 創作再開したくなりました 新刊も絶対買う! pic.twitter.com/DeEPG8kbjW

「ぼくたちのリメイク」4巻読了 これ…これヤバい…何言ってもネタバレになるから言わないけどもう全部が滅茶苦茶に好き 途中普通に泣いてたし読み終わってからタイトルとサブタイの意味ちゃんと分かって永遠に悶えてた ヤバい(語彙力) あと個人的最推しの河瀬川ちゃんが活躍してて嬉しかったですね

◆『16:00の召喚魔法』

軽度の中二病を患う高校生ヒロキのスマホに、ある日見知らぬメールが届く。──お願いです!わたしたちを助けてください。それは、まるで冗談のような異世界からの召喚魔法。ヒロキを召喚したのは『魔力を持たない』天才魔法使い、アリサだった。

木緒さんの新作ラノベのカバーつくったよー男子の夢が詰まってるよー「16:00の召喚魔法」 blog.over-lap.co.jp/bunko/?attachm…

俺ってば幼馴染キャラってあんまし好まないのだけど、16:00の召喚魔法の彼女はすごくかわいいです

◆『誰が喚んだの!? 〜異世界とゲーム作りとリクルート召喚〜』

クリエイターだった久保俊徳を巻き込み、秋葉原は街ごと異世界へと転移した。現在、俊徳はここ秋葉原(in異世界)の片隅にある小さなゲーム開発室を率いていた。だが、エルフや獣人、魔族といった一風変わった制作メンバーは、スキルも足らず、発売延期が繰り返されるばかり。俊徳は考えた。これはもう“ヘルプ”を呼ぶしかないと。

『誰が喚んだの!?』読了。ラブコメとギャグがメインだろうなあと思ったら意外と真面目な内容も多くて◎最初に笑ったのがアセンブラの下りで妙にシンパシーを感じてしまった。ギャルゲー開発の一端も知れたり。全年齢でおすすめ。

今日の購入物。:仕事終わり→リノアスのTSUTAYAにて、マンガ版「誰が喚んだの!? ~異世界とゲーム作りとリクルート召喚~」1巻を確保しました。タイトルすごく長い・・・でも、内容は変化球満載で面白いわ・・・。(しみじみ) pic.twitter.com/BzBZL77yO7

◆『妹は僕に手を出すなっ!』

高校生・藤本孝美、17歳。ごく平和な彼の生活で、ひとつの大きな悩みは、ツンな妹、晶とのこじれた仲。そんななか、突然、孝美の前に同じ顔をしたデレな妹が現れる。それは、幼い頃に別れた、晶の双子の妹、シズカだった!

『妹は僕に手を出すなっ!』読了。これだけ丁寧に「ラブコメ」やってくれると読み応えがあるよなあ。双子ヒロインたちが期待通りの動きをしてくれて満足。

1 2